鈴菌恐るべし!スズキUKがカタナ・レーサー&油冷をフルレストア、旧車レースに参戦!

今回はスズキUKが製作するスズキの旧車レーサーについて、ご紹介いたします!

鈴菌感染者はイギリスにも生息!

タイトル画像のカタナは、スズキのイギリス法人(Suzuki Bikes UK)が来月製作予定のレーサーで、イギリスで開催されるバイクイベント「NEC Motorcycle Live Show」の会場ブースにて製作&展示されます。

エクスターカラーを纏ったカタナレーサーは、Suzuki Bikes UKが参戦する旧車レースの競技車両として使用されます。ショーバイクではなく、本物のレーサーなのです。オフシャルレーサーが旧車のカタナというだけでも凄い話なのですが、スズキUKの旧車愛はこれだけに留まりません!

昨年の同イベントでは油冷もレストア!

なんと、昨年の同イベントでは油冷モデル「GSX-R750F」もレストアしていました! その様子を動画でどうぞ!

わずか5日間のイベントですから、各パーツは事前にリビルドされており、それらを組み立てたワケですが、それでも短時間でここまで仕上げる”鈴菌力”……ではなく”技術力”には驚かされます!

フルレストアされた「GSX-R750F」は、このようにサーキットにてガシガシ走らせているので更にビックリ!

が、しかし……Suzuki Bikes UKの活動は、この程度ではありません!

クラシックレーサーの動態保存から旧車パーツ供給まで!

Barry Sheene が乗車して76年・77年に世界チャンピオンを獲得した際に乗車していたレーサーの実車。こんな貴重なマシンをしっかりと動態保存しているだけでなく……、

これまた懐かしのレーサー「XR69」をリビルドして……、

マン島Classic TTを走らせるTeam Classic Suzukiというレーシングチームをサポートしているのです!

さらに!旧車レーサーを大切にするだけでなく……

こうして私たち一般ライダーが大切に所有する絶版車両のパーツ供給を積極的に行う通信販売&ギャラリーサイト「Suzuki Vintage Parts Programme」を運営しているのです。これは心から拍手!

該当車両は、60年代の名車「GT250」のほか、「GT750」などの70年代の名車から「TL1000S」まで多種に渡ります。名車に限らず、珍車・希少車が多数含まれている点にも愛が感じられて◎です。

こうした過去を大切にする姿勢は、非常に好感がもてますね! 鈴菌にバッチリ感染してくれたSuzuki Bikes UK の活動に今後も注目し、応援したいと思います。

参考 – スズキSuzuki Vintage Parts ProgrammeMotorcycle Live 2016
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。