英国スズキが発表したアパレルラインの様子が何だかおかしい…

クールジャパンという単語もすっかり浸透しましたね。でも外国人が喜ぶジャパニーズ・カルチャーとは、私たちの知るソレと違っていることってありませんか?

今回ご紹介するのは、2016年の英国スズキ・アパレルラインのローンチ動画です。金髪のお姉さんのロゴTシャツに注目しつつ、クールジャパンとは何かと頭を悩ませる、絶妙な仕上がりとなっております。

基本的にはクールなアパレルライン

016_02

016_03

導入シーンは軽快な音楽をバックにアパレルラインのイメージをさり気なく紹介。コレは小洒落たロンドン郊外のバイクショップ的な雰囲気ですね! 筆者はイギリスに行ったことありませんが…わかります。

カタカナで「スズキ」アルファベットで「HAMAMATSU」!?

016_04

と、さっそく問題のデザインが出ました!

中央に鎮座するパーカーの胸元にカタカナで「スズキ」の文字。さらによく見るとアルファベットで「HAMAMATSU」と書いてあります。ヨーロッパでは「スズキ」パワーで静岡県浜松市の認知度も高いのでしょうか?

「スズキ」オンステージ

111211

それらのウェアを手に取ったダンサーも気合充分、キメキメです! これからステージでショーが始まります。

016_05

016_06

まずはチームウェア。この辺りのアパレルラインは手堅く、チーム関係者などが着ると確実に似合うはず。モデルのお姉さんの力量にモノを言わせている感もありますが、普通にカッコいいです。

016_07

そして先程のお兄さんでしょうか?軽快なダンスパフォーマンスを披露しています。筆者のようなオッサン的には、正直男性はどうでも良いのです。

016_08

待ってました! と言わんばかりに、胸にデカデカと「スズキ」とプリントされたTシャツを着た女性モデルが登場。その右横にも「スズキ」…このカッコよさ、わかりますか? 何度もリピートして観ていた筆者には、段々カッコよく見えて来ました。

それでは最後に動画をどうぞ。絶妙な仕上がりですよ!

いかがだったでしょうか。ヨーロッパ中のお姉さんがこの「スズキ」Tシャツを着てくれたら、きっと日本が誇る二輪&四輪メーカー「スズキ」の信者が倍増するに違いありません。頑張れスズキ! 負けるなスズキ!

参考 – Youtube : Suzuki 2016 Clothing Range Launch

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。