国内メーカー唯一の125ccスーパースポーツ!スズキ「GSX-R125 ABS」の動画が公開!

インターモトにて新車攻勢を掛けたスズキ。久しぶりにファンを狂喜させてくれました。

ハイエンドモデル「GSX-R1000」も要注目ですが、ここでは最もスズキらしさが表れている「GSX-R125 ABS」をご紹介いたしましょう!

GSX-R125 ABS

「GSX-R125 ABS」は、国内メーカー製品125ccクラスで唯一のスーパースポーツモデル。ファン待望、そしてエントリーユーザーが手ぐすね引いて待っている250ccクラスを、軽くスルーしてくる辺りは流石です! 冗談はさておき、この「GSX-R125 ABS」ですが、ニッチな市場を突いた実にスズキらしいモデルとなっています。

高出力の水冷4バルブDOHC単気筒エンジンを軽量な車体に搭載したスーパースポーツに仕上げて来ました!

125ccとはいえ、立派なスーパースポーツモデル。兄貴譲りのアグレッシブなデザインのカウルを纏っています。

GSX-R125 ABSのデザイン

コレは貴重な逆横カット! まさに兄貴分のR1000譲りのデザインです。

美しいシートカウルの形状にご注目ください! 一昔前のこのクラスにありがちだった安っぽい作りでななく、かなり手の込んだ局面を描いた美しいリア周りです!

GSX-R125 ABSのディテール

アンサーバックファンクションを搭載している、ということは…、

当然のようにキーレスエントリー仕様となっております!

また、ワンタッチでエンジンが始動するスズキイージースタートシステムも採用しています。

小排気量モデルであっても機能面での妥協は一切無し! 実直なスズキらしさが表れています。

そこまでやれば、当然ヘッドライトは期待を裏切らずLEDを採用!

フル液晶のデジタルメーターも装備されています。

フロントフォークはコンベンショナルな正立タイプ。ブレーキはシングルペタルディスクをセレクトしています。

そしてモデル名に謳われているいるとおり、しっかりABSを装備しています。

もはや“速い・軽い・馬力がある”という話題だけでは、ユーザーの心を捉えるのが困難な時代。ソコは確実におさえたうえで、ユーザビリティを高めている点が高評価ですね。

それでは公開された動画もあわせてご覧ください。

国内販売開始は2017年夏

この「GSX-R125 ABS」の国内投入は、2017年夏を予定しているとのこと。規制緩和で話題の原付二種に、要注目の新モデルが投入されます。

スペック等の詳細が発表されましたら、続報としてお伝えしますね!

参考 – スズキ、YouTube:GSX-R125 ABS official promotional movie
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。