どこまでいったら破裂する?バイク用タイヤチューブの限界に挑戦!

我々バイカーには見えないところで頑張ってくれてるタイヤチューブ。そこで今回は、縁の下の力持ちであるバイク用タイヤチューブにスポットライトを当ててみました。バイクの車重に耐えながら、路面のショックも吸収してくれるタイヤチューブ。

いったいどこまで膨らませることができ、どの位の大きさになるかを試してみました!

まずはタイヤチューブを用意

tiretube02

今回の実験で用意したのは、3.50-19のバイク用タイヤチューブ。空気が入っていない状態だと、ダシとり用の昆布みたいな状態です。

手始めに軽く空気を入れてみた

tiretube03

まずはエアを軽く注入。エアメーターの針が振れない位の空気圧で約10cm。タイヤサイズと同じ位の大きさです。

tiretube04

なんとなくタイヤの中に入った状態で空気を入れてみる。風船系の罰ゲームが得意なオッサンと、苦手なオッサンの図。

まだまだタイヤチューブは余裕

tiretube05

この時点で15.5cm

まだまだ許容範囲内。タイヤチューブの弾力にも余裕が見られます。

じれったいので一気に空気圧アップ!

tiretube07

どんどん空気を入れちゃいましょう! 現時点で18cm

tiretube06

タイヤの中に入ってるオッサンは、もうすでにビビりまくってますが、空気を入れる側は、まだまだ余裕の笑みを浮かべております。

徐々にヤバい雰囲気…

tiretube09

間髪入れずに空気を入れ続けた結果、現在約22cm

tiretube08

直径は優に1メートル超えました。石器時代のお金を掘り起こしたオッサンのような図。

ここまで膨らませて気付いたのですが、太い所と細い所の差が出来てきました。これはゴムの厚さにムラがあるからなのでしょうか、それとも空気の入れ方が問題なのでしょうか?

ついにタイヤチューブがモンスター級に!

tiretube11

この時点で24cm! もう思春期の男の子くらい膨らんじゃってます。

tiretube10

空気を入れる側も相当怖いのか、とても顔が引きつっています。タイヤチューブを支えている側も、昇天しそうなくらいビビってます。

そろそろ限界か!?

tiretube12

爆裂暴れチューブと化した、バイク用タイヤチューブ。自立不可能な状態に陥り、風で転がっていく始末…。

もうデリケートな思春期の乙女心のように、ちょっと触っただけで破裂しそうです!

もはや罰ゲームに!

tiretube13

いつ破裂してもおかしくない、予断を許さぬ状況。ビビりすぎてもう笑うしかないです。なぜかバルブの反対側がどんどん太くなっていき、首のすわっていない赤子に用いるドーナツ枕のような形状に…。

そういえば、こんなボートがあったような…。あ!救命ボートか!

123

こういう感じですね。

しかし一向に破裂する気配を見せないタイヤチューブ。

あれ?もしかして割れないのかな?と思った次の瞬間…

パーーーーン!

tiretube14

ついに…割れました。見よ!この恐怖がピークに達したオッサンたちの驚く様を!

結果…

tiretube15

後半はビビりすぎてサイズを測り忘れていましたが、約50cmくらいで破裂するということがわかりました。

また、恐怖を与えすぎたオッサンは、その反動でドヤ顔に磨きがかるということもわかりました。

※思わぬ怪我につながりますので、絶対にマネしないでくださいね!

協力 – e-pub

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!