【東京モーターショー2017】BMWモトラッドは日本初公開&話題のモデルを厳選して展示しているぞ!

東京モーターショー2017レポート、お次はBMWモトラッドです!今回は四輪中心の展示であるため、残念ながらワールドプレミア・モデルの登場はありませんでしたが、話題の日本初公開モデルを中心にツボを押さえた展示でした。

最大の注目は「G 310 GS」!

このスタイルは魅力!BMW「G 310」シリーズの派生モデル「G 310 GS」が国内販売されるぞ!

先日、国内販売が公式発表された「G 310 GS」ですが……

その実車が展示されておりました!確かに排気量相応にコンパクトなのですが、BMWらしい高級感と存在感を感じさせます。

それは、この”GS”シリーズ共通イメージの外装に負うところが多いのかなと思います。

通常とは前後逆向き(吸気が前・排気が後)に搭載された水冷単気筒エンジンは「G 310」と共通。

フロントフォークは倒立タイプ。ブレーキは”BYBRE”製品です。

この”BYBRE”は、率直に言ってしまえば、ブレンボの廉価版=グローバル・ブランド品であり、インドを中心に世界的に供給されているブランド。コストパフォーマンスにも優れるのでしょう。

車両全体的なプロポーションも素晴らしく整っており、コリャ売れるでしょ!と確信した次第です。

「K 1600 B」は高級感溢れるバガーモデル!

多くの来場者が注目していたのは「K 1600 B」。

珍しいバガーモデルの日本販売が開始!BMW「K 1600 B」は才色兼備なのだ!

こちらも以前ご紹介した通り、国内販売が開始されておりますが、ここで国内初展示されました!

御覧の独特のバガースタイルもさることながら、その大きさと高級感に多くの方が足を止めていました。

「R nineT Urban G/S」はカッコよかった!

一方、BMWモトラッドが積極的にバリエーションモデルを投入している「R nineT」シリーズにあって、クラシカルなオフロードイメージを漂わせる「R nineT Urban G/S」も展示されていました!

コレまたお買い得!BMW「R nineT Urban G/S」のアメリカ価格が発表されたぞ!

本モデルも当サイトで何度かご紹介していますが、シリーズ共通のボクサーエンジンを搭載しつつ……

クラシックBMWを彷彿とさせるホワイト(メタリックでないのが◎)タンクを装備。

そして……

カスタムバイクかと思わせる美しい表皮のシートを装備しています。

「R nineT Urban G/S」のデザイン処理の上手さは、このフロントフェンダーに表れています。インパクトのある前側はアップフェンダーのようですが、後ろは(短くはありますが)下に装着。”GS”チックなイメージを演出しているわけです。

ということで、この「R nineT Urban G/S」、実にカッコいいのであります。

EVモーターショーに相応しいEVスクーター!

そしてBMWブースの二輪から離れて、四輪ブースの隅に佇んでいたのがコチラの「e evolution」です!

“EVモーターショー”といわれる程に各四輪メーカーがEVを公開するなか、既に国内販売されている「e evolution」も展示されていました。

国内販売が開始!BMWモトラッド初の電動スクーター「C evolution」は実用の域に達しているのか?

過去記事でご紹介している通り、既に国内販売も開始されていますが、初めて見る方も少なくないのではないでしょうか?

この黄色の向こう側にバッテリーが搭載されているので、そこを見せてほしいとオネダリしてみたものの、軽く拒絶されてしまいました……残念!

とは言え、シティコミューターに徹した他社製EVスクーターとは一線を画す走りを予感させる本モデル。その質感やサイズ感は実車を見ることで初めて、納得できるもの。こうして展示してくれるのは良いことですね。

サプライズは無くてもツボを押させたBMWモトラッド!

ということで、BMWモトラッドのブースには、残念ながらサプライズはゼロ!ですが、日本初公開モデルが多数展示されておりました。

ここに紹介した各モデルにご興味のある方は、是非、会場に足を運んでみてくださいね!

参考-BMWモトラッド
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。