【東京モーターショー2017】四輪免許で乗れる!ハーレーとカンナムが展示するトライクが魅力的!

東京モーターショー2017の各ブース紹介記事も、二輪編はコレで最後です!

と思ったら、今回ご紹介するのは三輪でした……

ハーレーはトライクのみを展示!

最初はハーレーから。一番の注目モデルは、御覧の日本初公開となる「トライグライド ウルトラ アニバーサリーV」。

ハーレー115周年を記念する限定カラー”レジェンドブルー×ビビッドブラック”が美しい!

風防効果の高いフェアリングを装備しており……

後ろ二輪とされているリアホイール間には、約125Lもの容量を誇る統合型リアラゲッシスペースを装備。

「トライクでしか到達できない世界を極めるために……」という本モデルのコピーに相応しい装備です。

ライダーのみならずタンデムライダーも快適すぎるシートも特徴とされています。

ハーレーのトライクを、もう1台ご紹介しておきましょう!コチラはモデル名「フリーウィーラー」。

先にご紹介した「トライグライド ウルトラ アニバーサリーV」と同じ”ミルウォーキーエイト”エンジン(総排気量1,745cc)を搭載しています。

ハーレー最新エンジン「ミルウォーキーエイト」と歴代エンジンについて2分で学ぶ【前編】

“ミルウォーキーエイト”エンジンについては過去記事でご紹介していますので、ソチラでどうぞ!

コチラの「フリーウィーラー」は、リアラゲッジが「トライグライド ウルトラ」と比較して小型なのですが、そのお陰で……

流れるようなホットロッドスタイルを手にいます。より二輪的な乗り方を楽しみたい方には、コチラがおススメとなります。

カンナム・スパイダーはスポーティなトライク!

一方、BRPジャパンが展示していたのはカンナム「スパイダー F3-S」。ハーレーのトライクと見比べればお分かり頂けると思いますが……

コチラは、よりスポーティなルックスとハイパフォーマンスなモデル。

エンジンは”ROTAX”製水冷直列3気筒エンジン(最高出力115hp、最大トルク130Nm)を搭載しています。

このメカメカしくもモダンなデザインも特徴です。

全幅はそれなりに広くなりますが(1,497mm)、全長は2,642mmと、大型モーターサイクルのソレに近いサイズ。路上でのインパクトはかなりのものです。

四輪免許しかない方におススメ!トライクを見に行こう!

転倒の恐れが極めて少なく、それでいてモーターサイクルと同等の自由を感じさせてくれる乗り物”トライク”。今回の東京モーターショーでは、ここにご紹介した”ハーレー”&”カンナム”のほか、”ヤマハ”もトライクに力を入れていましたね。

その高い安全性は注目されており、これから新しい潮流となるかも知れません。ご興味を持たれた方は、是非、両社ブースに足を運んでみてくださいね!

参考-ハーレー・ダビッドソンカンナム
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。