これはワイルド!身長195cmのオーナーが駆る「ボンネビルT100」スクランブラーカスタム

ここのところ新モデルのリリースが相次ぎ、勢いを感じさせるイギリスのトライアンフ。今回は、そんなトライアンフのベーシック・モデルとも言える「ボンネビルT100」をベースにしたスクランブラー・カスタムをご紹介しましょう。

当初はカフェレーサーの予定でしたが…

MG_4942

MG_4946

製作したのはトライアンフのカスタムを得意とするスペインのカスタムビルダー”Macco Motors”。オーナーはドイツ人のMartinさんです。

当初はカフェレーサースタイルのカスタムを希望していましたが、Martinさんは身長195cmの大柄な男性。普段はリッタークラスのスーパースポーツを豪快に乗り回すエキスパートなのです。

ということで…ワイルドながらもスマートなスクランブラーができ上がりました! カフェレーサースタイルにしてしまうと、T100の車体では適切なライディング・ポジションを取りづらいこと、激しいライディングに耐える足周りの強化に似合った外観にしたかったことから、スクランブラースタイルに決定しました。

カスタムのポイントは足周りの強化

MG_4972

MG_4974

大柄なMartinさんが激しく乗り回すことを想定して、足周りは前後オーリンズのフルアジャスタブルに換装。前ブレーキ・キャリパーはオーリンズの4ポッドをセレクト。何せライダーは大柄な男性。慣性力が大きいため、より強力なストッピング・パワーが必要でした。前後フェンダーはファイバーグラス製。スクランブラースタイルでありながら、フロントフェンダーをアップタイプにしないセレクトもなかなか渋いですね。

外装と小物類は…

MG_4933

ガソリンタンクはノーマルのままですが、オリジナルペイントを施すことで印象がガラリと変わっています。Macco Motorsのオリジナルロゴも、良いアクセントとなっており、非常に可愛いです。クラシカルなタックロールのレザーシートともベストマッチ!

MG_4953

計器類はヨーロッパで流行中のMoto Gadgetのデジタルメーターをチョイス。ハンドルバーは、幅広になりすぎないBiltwellのスクランブラータイプをセットアップ。

MG_4977

ウィンカー&ミラーはヨーロッパのカスタム車に多く見られる、バーエンドタイプとなっています。なお、ウィンカーはKellerman製で、ミラーはMoto Gadget製。クラシカルなスタイルを大切にしながらも、機能性に優れた現代的なパーツを投入しています。

いかがでしたか? 195cmという大男のMartinさんが跨っても、この足周りなら対応できそうですね。

トライアンフ・T100という小柄なベース車両でありながら、機能面の強化やライディングポジションの再考でオーナーの夢を実現させた、ビルダーMacco Motorsの技術力とカスタムセンスには心を奪われます。

なお、以前にも当サイトで、同社のカスタムバイク「ヤマハ・XS400カフェレーサー」をご紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください!

参考 – Macco Motors

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。