MVアグスタ「Turismo Veloce RC」は速さ・美しさ・快適性を兼ね備えた最強ツアラー!

RC(Reparto Corsa)=Racing Department の名を冠した最強モデルを各シリーズに次々と設定し、いずれも限定販売することを発表したイタリアのプレミアム・メーカー MV アグスタ。

今回は、同社がこの秋リリースした”最強ツアラー”と呼びたくなるような速さと美しさ、加えて快適性をも兼ね備えたモデルをご紹介しましょう。

Turismo Veloce RC

当サイトでも紹介した「F4 RC」、「F3 RC」、「Dragster 800 RC」と3車種を立て続けにご紹介させていただいた「RC」シリーズの最新作「Turismo Veloce RC」です。

他の「RC」シリーズと同じく、速さと美しさに定評のある、800cc3気筒エンジンをトレリスフレームに搭載する「Turismo Veloce」に、同社のレース部門がチューニングを施したというもので、250台が世界限定発売されます。

フロントから見ると、カーボン製フロントマッドガードと鍛造ホイールに変更されていることに気が付きます。目につかない部分ですが、車体強度を高めるため、フロントエンジンマウントも変更されています。

タンデムライダーの快適性を高める専用シートの採用。コチラ側からは見えませんが、スプロケットも専用品が採用されているみたいです。

MVアグスタらしさ全開の片持ちリアとユニークなデザインの3本出しエグゾーストの美しいこと!

前後サスペンションはザックス製です。電装系はMVアグスタのMIVCS 2.0が搭載されています。EAS 2.0 (Electronic Assisted Shift Up & Down)、 トラクション・コントロール、ABSなどをフル装備しています。

「RC」シリーズ特有のカラーリングが映えるフロントフェイス。ヘッドライトはもちろんLED。ウィンドシールドは高さ調節が可能な仕様です。

また、標準装備としてヒートグリップとガーミン製ナビ、それにクルーズコントロールを搭載しています。

これまたユニークなデザインを描くのは、タンデムライダーのためのグラブバーとテールライト。同社では、この写真を掲載しつつ“Spaceship”=”宇宙船”と表現していました!

エンジン内部もかなり改良が加えられました。「RC」シリーズとはいえツアラー。出力向上ではなく、振動が抑えられ、信頼性の向上が図られています。

具体的には、バルブガイドやチェーンテンショナーがリデザインされています。トランスミッションもギア比が変更されました。

サイドビューではモタード・モデルのようにスリムに見えた本車両ですが、容量30Lのパニアケース(標準装備として付属)を左右に搭載した姿を上から見ると、コレぞツアラーという出で立ち。快適性を向上したというタンデムシートは特等席のように見えますね!

いかがだったでしょうか? MVアグスタの最強ツアラー「Turismo Veloce RC」。速さと美しさ、それに信頼性を兼ね備えていることが分かりましたね!

今のところ日本への導入やヨーロッパでの価格は未定ですが、是非とも日本への導入をお願いしたいモデルですね。

Turismo Veloce RC のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,110×910×1,120mm
  • ホイールベース:1,445mm
  • シート高:850mm
  • 車両重量:192kg(乾燥)
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク3気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:798cc
  • 内径×行程: 79.0×54.3mm
  • 圧縮比: 12.2
  • 最高出力:81 kW / 10,150rpm
  • 最大トルク:80Nm / 7,100rpm

参考 –   MV Agusta
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。