折りたたんで電車にも乗れちゃう! 手軽な電動スクーター「URB-E」

海外では様々な電動スクーターが登場していますが、アメリカで販売されている「URB-E」というモデルをご存じでしょうか? これは、簡単に折りたたんで持ち運べるタイプで、電車に持ち込んだり、クルマのトランクなどにスッポリ入れることが可能。しかも、ちょっとおしゃれなデザインなので、シティユースにもってこい!のちょっと気になるバイクです。

移動先でちょい乗りOK!

gpbl_large

2年ほど前から販売されている「URB-E」は、家から電車の駅などまで乗り、降りたらまた目的地まで乗るといった、シティコミューター的な使い方ができる電動スクーターです。

allblack_folded_large

基本的に1人降りで、通常のサイズは全長86.36cm×全幅49.53cm×全高88.9cm。折りたたむと、全長43.18cm×全幅49.53cm×全高93.98cmと超コンパクトになります。

commute

持ち運ぶ時は、ハンドルを持ってキャリーバッグのように引けるので、とても楽。折りたたみの時間も1秒でOKと、とてもお手軽です。アルミのボディにカーボンのカバーを組み合わせた、おしゃれなデザインも魅力的です。

走行性能はまずまず

maxresdefault

そして、またがって走るとき。最高速度が24km/hくらいなので、クルマの流れに乗るのは難しいけれど、まぁまぁのスピードです。

搭載している電動モーターは出力250ワットのブラシレスタイプで、電力はリチュウムイオンバッテリーから供給。充電時間は4時間程度。フル充電した時の航続距離は32kmくらいです。長距離はやや苦手ですが、前述の通り、街をちょい乗りするには十分と言えるでしょう。

カラーは4種類

gpst-cwh_large

gpst-wwh_dc771bf1-36f5-4818-8635-40f5e1862bfe_large

urb-e-electric-green-black_large

カラーは、ブラック、ホワイト、グレー、グリーンの4色展開されています。ブラックはスポーツバージョンとして登場したニューモデルですね。

inserts_large

オプションで、9色から選べるボディカバーもあります。好みのカラーにチェンジできるのも魅力の一つです。

cargo-basket-closeup_large

また、カーゴバスケットもあり、実用度をアップさせることも可能です。

日本で乗るには…

ちなみに、これを日本で走らせるのは、公道の場合はナンバーを取得したりヘルメット着用が必要など、ちょっと面倒そうです。
公園内とか学校の構内など、私有地や公道以外の場所で楽しむ方がいいでしょう。

w-austin-01-1024x576

価格は1,499ドル(約15万円)から。コンパクトに折りたためるから駐輪場にも困らないし、クルマなどで遠出したときの現地でのアシにも魅力的。1台欲しくなっちゃいました!

参考 – URB-E

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。