日本発売間違いなし!? カワサキ「Versys-X」は魅力的なアドベンチャーモデル!

ミラノショー2016では各社が魅力的なニューモデルを続々とリリースしていますが、その多くがヨーロッパ仕様だったりします。

日本のメーカーさえ魅力的なモデルを発表しておきながら、ついには日本未導入のままに終えてしまうという、日本のバイクファンとしては残念極まりないケースが少なくありません。

カワサキが出展したアドベンチャーモデル「Versys-X300」

そんな中、カワサキがミラノショー2016で発表したアドベンチャーモデル「Versys-X300」。スタイリングの精悍さも当然のことながら、水冷2気筒エンジンを搭載しているためパフォーマンスにも期待できるのですが、その排気量は296cc。またかよ残念……ヨーロッパ仕様でした……。

キャンディ・ライムグリーン

メタリック・グラファイト・グレー

カラーリングのラインアップは「キャンディ・ライムグリーン」と「メタリック・グラファイト・グレー」の2色です。「ヨーロッパめ、お前ら羨ましいぞ!」と、ふて腐れていたのですが、何とインドネシア仕様として 250cc バージョンがカワサキ広報サイトにアップされたのであります!

Versys-X250

スペックは公表されておりませんが、仕向地(しむけち)による対応として、排気量は250ccにボアダウンしているのでしょう。これは日本導入のフラグと勝手に判断させて頂きしました! カワサキさん、世界各国への対応、ありがとうございます!

さて、あらためてインドネシア仕様である「Versys X-250」を見てみましょう。

フロントには厳ついガードを装着しており、そこに2灯のライトを後付けしています。フロントフェンダーにはABSの文字。ロードでの安定したパフォーマンスを優先しているのでしょう。

キャンディライムグリーン×メタリックグラファイトグレー

車体両側には、ボックスタイプのパニアを装着しています。

これらの追加により、ヨーロッパ仕様の「300」は完全なアドベンチャー・モデルでしたが、インドネシア仕様の「250」では働くクルマ的、あるいはアドベンチャーツアラー的な雰囲気が加わり、むしろ好みの仕様に仕上がっております(特に筆者の)。

Versys-X250 のカラーラインアップは…

カラーラインアップもヨーロッパ仕様と同じ2色があるのですが、その名称が異なっており、「キャンディライムグリーン×メタリックグラファイトグレー」と、

メタリックグラファイトグレー×フラットエボニー

コチラは「メタリックグラファイトグレー×フラットエボニー」と呼んでいます。さらに、

キャンディバーントオレンジ×メタリックグラファイトグレー

「キャンディバーントオレンジ×メタリックグラファイトグレー」というヨーロッパ仕様(300)に無いカラーまで導入されるようです。

Versys-X250 の日本発売に期待が高まる!

公式には一切日本発売に関する発表はありませんが、250ccモデルが既にあるならば、俄然期待して良いでしょう! カワサキさん、お願いしますよ!

最後にスペックを掲載しておきます。残念ながら250ccモデルのスペックは未公表であり、300ccモデルのスペックもエンジンのみになります。ご興味をお持ちの方は是非ご覧ください。

Versys-X300 のスペック

  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク並列2気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:296cc
  • 内径×行程: 62.0×49.0mm
  • 圧縮比: 10.6
  • 最高出力:未公表
  • 最大トルク:未公表

参考 – Kawasaki Europe川崎重工
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。