ベスパの70周年バースデーイベント「ファブリカ 1946」に行ってきた!

2016年4月23日(日)、東京都江東区新木場の倉庫で行なわれたベスパ70周年バースデーイベント「ファブリカ 1946」に行って来たので、イベントレポートをいたします!

自走で会場へと向かう

送られてきたリリースによると、現地にはベスパ専用駐輪スペースがあるというので、当日は張り切って愛車「SPRINT150」に跨り、片道50kmの距離を自走で向かうことにした。颯爽と新青梅街道をひた走ると、前方で「160GS」が信号待ちをしていた。恐らくご同輩だろうと並んで声をかけると、案の定、そうだとのこと。ベスパクラブなどのミーティングでもない限り、滅多にない旧車同士のランデブーを味わいながら、新木場へとひた走る。

1時間半後、無事、会場に到着。パーティーの名前にも使われている「ファブリカ」とはイタリア語で「工場」を意味し、パーティ会場となる新木場倉庫も、イタリアのポンテデーラ工場をイメージしたという。なるほど、まさに木材倉庫だったであろう会場は、当時の工場感にあふれていた。残念ながら筆者が到着した段階で、ベスパ専用駐輪スペースは満車となっていたので、やむなく外の駐輪スペースに停車をさせる。総勢100台以上の新旧ベスパが停車している様は、なかなかの壮観だった。

会場内には希少なベスパが大集結!

会場内に入ると、向かって右手には「フェンダーライト」を筆頭に、「150GS」や「180SS」などの希少な歴代ベスパたちがズラリと展示。そして向かって左側こそがベスパ専用駐輪スペースとなっており、来場者たちの自慢の新旧ベスパが揃い踏みとなって会場内を沸かせていた。

工藤ちゃんのベスパ「P150X」も展示されてた!

展示スペースで一際目を引いていたのが、松田優作主演のテレビドラマ『探偵物語』で実際に使用された(松田優作氏が実際に所有していた)「P150X」だ。モニターには同ドラマの名場面の映像も流れ、来場者達の気分を盛り上げていた。筆者も『探偵物語』にハマってベスパユーザーになったという経歴があり、これを見た段階でテンションはMAXになっていた。

食事はやっぱりイタリアンでしょ!

撮影も一段落したので、屋外に出てケータリングカーで販売していたマルゲリータを購入。車内にある窯で焼いた、本格派ピザは実に美味かった。食後は屋外に駐輪されていた100台以上のベスパをのんびりと見て回る。それだけで充実した時間が過ごせたものだ。

バンドの生演奏でテンション上がりまくり

再び会場内に戻ると、今度はバンドの演奏が始まった。1曲目はSHOGUNの「ベスパチェイス」。『探偵物語』の劇中でベスパが登場するシーンでよくかかる曲だ。なかなかマニア心を刺激する選曲である。他にも『ローマの休日』『探偵物語』『さらば青春の光』のテーマ曲などを演奏し、会場を盛り上げていた。筆者的にはベタで恐縮だが「BAD CITY(探偵物語のオープニング曲)」が流れた時が、最もテンションが上がったと記憶している。

ピアッジオグループジャパンのファビアーニ社長が登場

ピアッジオグループジャパンのファビアーニ社長が挨拶し、70周年を祝うバースデーケーキが登場。中央にはフェンダーライトのミニチュアが置かれた豪華なケーキだ。途中、ロウソクが消えてしまうというハプニングもあったものの、進会場内は大いに沸いていた。

熊本震災チャリティーロト

ベスパの豪華グッズや素敵な商品が当たる、一口1,000円で参加出来るロトも行われた。この収益金は、九州で発生した熊本大分地震で被災された方たちに寄付されるという。筆者も一口購入し、77番という、いかにも縁起の良さそうな番号に気分は高まるも、ものの見事にスルーされてしまった…。

なお、ファビアーニ社長は工藤ちゃんに扮して司会進行をしていたが、動くたびにハットが落ちるというシュールなハプニングも…。

ケーキカット

シメは70周年バースデーケーキをファビーニ社長自らカットして、来場者達に振る舞ってくれたが、なかなか上手くカットできなかったようで、筆者の貰ったケーキも上写真のような有様だった。ただ、クッキーのロゴ部分が貰えたので、ラッキーな部類だったのではないかと思う。ちなみにお味は、ケーキの色からは想像できないほど美味かったと言っておこう。クッキー部分はかなり甘かった。

2016年はベスパにとって節目の年

かくして、ベスパ70歳の誕生パーティー「ファブリカ 1946」は夕方の4時に終了。ベスパ乗りとしては、実に充実した一日となった。

日頃、滅多に拝めない旧車などを拝見でき、様々な刺激を受けたが、逆に一般的なビンテージシリーズなどの来客者が少なかったなぁ…という部分も印象として残った。スモールボディがもっと集まれば、さらに盛り上がりを見せたことだろう。

2016年はベスパにとっては、まさに節目の年として、様々なコラボベスパやスペシャルコレクションをリリースしているが、こうしたベスパユーザーが集まれる環境をもっと作ってくれると、ユーザーとしては嬉しく思う。今後も、この手のイベントがあったなら、率先して取材してくるつもりである。

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。