玄人好みのニューモデル!ベスパ「Sei Giorni」は伝説のレーシングモデルがモチーフ!

ベスパと言えば、お洒落でポップなカラーリング、というイメージを持たれる方が少なくないと思います。

実際、当サイトのベスパの過去記事を見ても……

ベスパとピューテリー!イタリアン・ブランドのコラボが反則級に素敵!

これぞイタリアン!堪らなく美しいベスパのニューモデル「946(RED)」が赤いワケとは?

スクーターも電動の時代だ!ベスパ「Elettrica」はクリーンな電動スクーター!

こ~んな感じ。いかにもベスパといったイメージのお洒落な車両やウェアを紹介していました。ところが……

「Vespa Sei Giorni」は玄人好みの1台!

コレが今回ご紹介するニューモデル「Sei Giorni」。カラーリングもベスパらしからぬ渋いセレクトなのですが、それに留まらぬ、実に玄人好みの1台なのです。「GTS」をベースに、ベスパ史上に輝くレーシングモデルのエッセンスを注入して生み出されました。

ベース車両とされた「GTS」に倣って、本車両もベスパ伝統のスチールボディを有しており、都市部ではエレガントに、そして気が向けば小旅行に連れ出したくなるパフォーマンスを与えられています。

デザイン上のモチーフとされたのは、1951年に開催された“Sei Giorni Internazionale di Varese”への参加車両です。そこから「Sei Giorni」というモデル名が拝借されています。

ゴールドメダルを9個獲得した、ベスパ史上に燦然と輝く伝説のレーサーです。

そのオリジナル「Sei Giorni」に近いモデルが、東京モーターサイクルショー2016の丸富オートさんのブースに展示されていました。ベスパ「125」1948年モデルです。

カラーリングとヘッドライト周辺デザインに、面影を見ることができますね。

新たに生まれた「Sei Giorni」に搭載されたエンジンは、278ccの水冷4ストローク単気筒エンジンDOHC4バルブエンジン。最高出力15.6kW@7,750rpm、最大トルク22Nm@5,000rpmと実にパワフルです。

が、やはり本モデル最大の特徴はエクステリアにあると言えましょう。それは特にフェンダー上に設置されたライトと、ハンドルバー周辺、それとシートに見ることができます。

“faro basso”と呼ばれるフロントフェンダー上に設置されたローライトに目を奪われます。

「GTS」ベースであることを忘れてしまう位、上手く車体に溶け込んでいます。

もう一つの特徴がコチラ。ベスパにしては珍しく、ハンドルバーが剥き出しにされています。またウィンドシールドと呼ぶには頼りない、メーターバイザーが採用されています。これはオリジナル「Sei Giorni」を意識した処理であり、クラシカルな印象を醸し出しています。

個人的には、圧倒的にスイッチ類が多い現代の車両ですから、もう一工夫してシンプルに見えるようにして欲しかった……

このシングルシートのような凝った形状のシートも本車両の特徴の一つ。シングルシートのように見えますが、もちろんタンデムは可能。

パイピングとステッチはホワイトでお洒落です。

「Vespa Sei Giorni」は限定モデル

メカニカルな部分は「GTS」を踏襲していますから、その性能・耐久性などは一切の不安はありません。ベスパには珍しい、玄人好みのレーサーをモチーフにした限定車両ですね。

今のところ、お値段や製造台数、それに日本での発売時期は公開されていませんが、「コレは欲しい!」と思った筆者です。

「Vespa Sei Giorni」のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,950×770× – mm
  • 軸距:1,375mm
  • シート高:770mm
  • 車両重量: – kg
  • エンジン:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量:278cc
  • ボア×ストローク:75.0×63.0mm
  • 圧縮比: –
  • 最高出力:15.6kW(21.2PS)/ 7,750rpm
  • 最大トルク:22N・m / 5,000rpm
参考-ベスパ(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。