ヴィクトリーとローランドサンズのコラボマシン!

アメリカはコロラド州の東に位置するパイクスピーク、ここで開催される「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」には、毎年カリカリにチューニングされたクルマやバイク、ピックアップなどが一堂に会する。ゴールである標高4,301mの山の頂上を目指し、20kmの道のりを猛スピードで駆け上がるヒルクライム・レースだ。

今回は、そんなヒルクライムに挑むためにヴィクトリー・レーシングとローランド・サンズ、アメリカのバイク雑誌「サイクルワールド」の3社がコラボレーションしたモンスターマシンについて紹介いたします。

Project156

ヴィクトリーとローランドサンズのコラボマシン!

「プロジェクト156」と名付けられたこちらのマシン。名前の由来はヒルクライム・コースにあるコーナーが156ヵ所あることに因んでいるとのこと。

ヴィクトリーとローランドサンズのコラボマシン!

要となるエンジンには、ヴィクトリー社が開発した液冷式のプロトタイプ・エンジンが搭載されています。なおこちらの液冷式エンジンは、市販モデルへのフィードバックを前提として開発されているので、今後市販化の流れもあるとのことです。

ヴィクトリーとローランドサンズのコラボマシン!

オリジナルのハーレー用ビレットパーツや、BMWのツアラーバイクデザインなども手掛けるバイク・デザイナーのローランド・サンズ氏率いるローランド・サンズ・デザインがシャーシを担当しています。

ヴィクトリーとローランドサンズのコラボマシン!

カーボンとビレットのコントラストが実に美しいレースマシン。

そして、このモンスターマシンに跨るのは、サイクルワールドの名物テストライダーであるDon Canet(ドン・カネット)氏です。ドン氏自身、パイクスピークを走るのは今回で2回目とのことですが、こんなスペシャリティたちが寄り集まって製作されたモンスターマシンで挑戦できるということに興奮を隠し切れません。

それではモンスターマシン「プロジェクト156」の、テスト走行シーンやエンジンのサウンドを動画でご確認ください。

いかがだったでしょうか。無駄なモノを一切排除した無骨な外観と、トルクフルなエンジンが持つポテンシャルは、まさに大人の遊び道具ですね!

なお、今年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム決勝は、6月28日に開催予定となっています。

【関連記事】

ニンジャH2Rとマクラーレン・ブガッティ・日産GT-Rの対決!勝ったのは…?

もしもマリオカートのスタートダッシュが使えたら…を実現してしまったオトコ!

無料放送のBS12チャンネル「鈴鹿8耐」を見るだけでKTM「RC125」をゲット!?

大都会のチーター!ヤマハがMTシリーズの最新作「MT-25」をインドネシアで発売

KTM「RC390」に乗るフィンランド人が超セクシー!

参考 – Youtube : Project 156 Part 3 – Victory Motorcycles
K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。