アナタの知らない世界のバイク【超巨大多気筒編】

「アナタの知らない世界のバイク」と題し、『クリーブランドサイクルワークス編』、『エクセルシオール&ダグラス編』と紹介してきた第三回。今回もまたKERSTING’S CYCLE CENTER & MUSEUMからお届けです。

アナタの知らない世界のバイク【超巨大多気筒編】

ディスカバリーチャンネルの『バーンファインド お宝バイク』で年代物のバイクを求め続けるデール・ウォークスラーの気分で今回も行ってみましょう。

V8エンジン搭載のカスタムバイク

アナタの知らない世界のバイク【超巨大多気筒編】

超巨大倉庫の奥の方に鎮座しているバイク。日本でも売られているボスホスではありません。ハーレーのフレームと足周りをベースに1936年製フォードV8エンジンを積んだカスタムビルドバイクです。

アナタの知らない世界のバイク【超巨大多気筒編】

V8なので、左側に回ってもプラグが4つ刺さったエンジンヘッドがコンニチワ。タンクに描かれたエムブレムは”V”と”8”を組み合わせた小粋なものだ。

スプリンガーフォークでクラシックな外見でありながらも、しっかり前後ディスクブレーキになっていますが、こちらの車両の重量は約600kg程度とのことで、ディスクじゃないと止まらないということでしょうか。

さらにごっついエンジンのバイクも!

アナタの知らない世界のバイク【超巨大多気筒編】

お次は片側に…1、2、3、4、5、6つのプラグが刺さっているV型エンジンだから、左右で12気筒ですね。もう意味が分かりません。巨人じゃないと乗れません。

アナタの知らない世界のバイク【超巨大多気筒編】

タンクには「リンカーンゼファー V-12」と書いてあるので、これがおそらくペットネームなのでしょう。その名の如く、エンジンは1939年のリンカーン「ゼファー」のエンジンを搭載しているそう。

アナタの知らない世界のバイク【超巨大多気筒編】

フラットヘッドに並んだプラグがもはや異様な光景。エアクリーナーは突き出て、油温計と水温計も2つ、そして各種スイッチもタンクに埋め込まれている。タンクをワンオフで作るなら、燃費の悪さも考慮してもう少し容量大きめの方が良かったのではないでしょうか。

アナタの知らない世界のバイク【超巨大多気筒編】

後方に貼られたステッカーは「このモーターサイクルはあなた自身にとって、とても危険です!」的なことが書かれている。まぁ「危ないから近づくんじゃねぇ」といったところでしょうか。日本のフルトレーラーに貼ってあったりする「全長18m。死ぬ気で追い越せ!」ステッカーに近いものがありますね。

Kersting’s Cycle Center & Museum

8774 West 700 N.Winamac, IN 46996

参考 – KERSTINGS CYCLE CENTER

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。