ヤマハ・WR250Rの2017年モデルは「YZ」シリーズの新グラフィックを採用!

「WR250R」といえば、2007年に登場したヤマハのオン・オフロードモデル。今回は、そんな「WR250R」の2017年モデルが登場するというので、初代「WR250R」から、どれくらいの変化があったのか、お話させていただきましょう。

初代「WR250R」

2007年に登場した初代「WR250R」です。国内市販オフロードモデルとしては初のアルミ製フレームに、4ストロークエンジンを搭載したモデルになります。

こちらのモデルは、ディープパープリッシュブルーソリッドEというカラーリングバージョンです。

「WR250R」2017年モデル

ディープパープリッシュブルーソリッドE

そしてこちらが「WR250R」の2017年モデルになります。基本カラーは同じディープパープリッシュブルーソリッドEですね。水冷・4ストローク・FIの高性能エンジンをアルミフレームに搭載したモデルということで、特徴的な部分は、そのまま初代を踏襲していて、非の打ち所がないといった感じですね。

パープリッシュホワイトソリッド1

新たに採用された新色はディープパープリッシュブルーソリッドEで、2017年YZシリーズのデザインを取り入れた新グラフィックが採用されています。パープリッシュホワイトソリッド1は継続設定で、2色展開となっています。

こちらの2017年モデルは2016年9月12日より発売すると発表されています。

WR250X

ヤマハブラック

パープリッシュホワイトソリッド1

スーパーモタードの走りが楽しめる「WR250X」は、ヤマハブラックとパープリッシュホワイトソリッド1の2色展開で、継続設定となります。

03_WR250R_DPBSE_3-1

2013年モデル

ちなみに上が2013年モデルで、

2015

2015年モデル

こちらが2015年モデルになります。どちらにしても、あまり大きな変更はありませんね…。ディープパープリッシュブルーソリッドEのカラーリングも、初代から2017年モデルに至るまで、受け継がれています。

WR250R

車体色:ディープパープリッシュブルーソリッドE

車体色:パープリッシュホワイトソリッド

発売日:2016年9月12日

メーカー希望小売価格:72万1,440円(税込)

WR250X

車体色:ディープパープリッシュブルーソリッドE

車体色:パープリッシュホワイトソリッド

発売日:2016年9月12日

メーカー希望小売価格:75万3,840円(税込)

本格的なオン・オフロードモデルの購入を検討中の方は、この2017年モデルを狙ってみても良いのではないでしょうか。

参考 –  ヤマハ発動機

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。