SR400やVMAX、BOLTなど、ヤマハ60周年アニバーサリーモデルは伝統の”インターカラー”だ!

ヤマハ発動機は、創業60周年を記念して記念カラーを「SR400」「BOLT CスペックABS」「VMAX」に設定し、期間限定で予約受注を行うと発表した。

カラーリングは、ケニーロバーツでもおなじみのヤマハ伝統グラフィック「インターカラー(通称:ストロボカラー、ブロックパターンなど)」を採用。60周年のアニバーサリーカラーにふさわしい仕様に仕上がっている。

ちなみに、このグラフィックの正式名称は”スピード・ブロック”という。よって、60周年アニバーサリーモデルのグラフィックは「イエロー地にブラックの”スピード・ブロック”」と記述するのが正式だが、あえて読者にも馴染みのある”インターカラー”で表記させていただく。

「SR400」60thアニバーサリー

「SR400」や「VMAX」「BOLT」など、ヤマハ60周年アニバーサリーモデルは伝統のインターカラーだ!

「SR400」や「VMAX」「BOLT」など、ヤマハ60周年アニバーサリーモデルは伝統のインターカラーだ!

「SR400」60th Anniversaryは、インターカラーのタンクに、専用エンブレムをタンク天面に配しており、前後のハブとリムはブラック処理をしている。1970年・80年代の欧米のレースで活躍したヤマハマシンのイメージを再現したとのこと。ナノ膜コーティングのエキゾーストパイプなど標準車のクオリティ感に、60年の軌跡が重なっている。

予約受注期間:2015年11月17日から2016年4月末日

発売日:2015年12月18日

カラーリング:ライトレディッシュイエローソリッド1(イエロー)

メーカー希望小売価格:58万3,200円(税込)

「BOLT CスペックABS」60thアニバーサリー

「SR400」や「VMAX」「BOLT」など、ヤマハ60周年アニバーサリーモデルは伝統のインターカラーだ!「SR400」や「VMAX」「BOLT」など、ヤマハ60周年アニバーサリーモデルは伝統のインターカラーだ!

空冷Vツイン941cm3エンジン搭載のクルーザー「BOLT CスペックABS」も、「BOLT CスペックABS」60th Anniversaryとして、アニバーサリーモデルが発売される。インターカラーのタンクにイエローステッチのシート、ブラック仕上げのヘッドライトリム・メーターリング・テールライトユニットを特別装備。1970・80年代の欧米のレースを駆け抜けたヤマハチームの情熱を表現している。

予約受注期間:2015年11月17日から2016年4月末日

発売日:2016年3月1日

カラーリング:ライトレディッシュイエローソリッド1(イエロー)

メーカー希望小売価格:106万560円(税込)

「VMAX」60thアニバーサリー

60th1「SR400」や「VMAX」「BOLT」など、ヤマハ60周年アニバーサリーモデルは伝統のインターカラーだ!「SR400」や「VMAX」「BOLT」など、ヤマハ60周年アニバーサリーモデルは伝統のインターカラーだ!

加速感とパワー感が特徴の1679cm3水冷V型4気筒エンジンを搭載する「VMAX」にも、60周年記念カラーの「VMAX」60th Anniversaryが設定された。

「SR400」や「VMAX」「BOLT」など、ヤマハ60周年アニバーサリーモデルは伝統のインターカラーだ!

こちらの「VMAX」60th Anniversaryのみ、タンクとリアカウル天面にインターカラーを配しており、イエロー部分の少ない落ち着いた雰囲気に仕上がっている。また、マットブラック塗装のエアインテークやサイドカバー、ハーフグロス塗装のエキゾーストパイプなど、光沢感とマット感の調和によって上質な味わいを印象づけている。

予約受注期間:2015年11月17日から2016年4月末日

発売日:2016年3月1日

カラーリング:ヤマハブラック(ブラック)

メーカー希望小売価格:248万4,000円(税込)

なお、ボルトとVMAXに関しては、注文からお届けまでに約3ヵ月を要するとのことなので、発売日(2016年3月1日)に乗り出したいと考えている方は、年内中に予約しておくことをオススメする。

来年春からは、全国各地で”バンブルビー”が走り回る!

参考 – ヤマハ発動機

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。