今YAMAHAがアツい!今年流行るのはスポーティテイストのBOLT-C!?

リターンバイカーなどの流行もあり、昨今のバイク業界は、比較的高年齢ユーザーをターゲットとしたラインナップが多く見受けられる。また、エントリーユーザーとしても、より趣向性の強い大排気量モデルが支持されている。

そんな時代背景をもとに、YAMAHAが満を持してリリースしたのが、”BOLT”シリーズのスポーティモデル”XVS950CU BOLT-C”と”XVS950CU BOLT-C(A)”だ。

※(A)はABS装着車

BOLT-Cになってどこがかわったの?

今回、”BOLT-C”というモデル名でリリースされたことにより、通常の”BOLT”とどこが変わっているのかというと、ハンドルの形状とシートの形状がよりスポーティになり、フロントフォークブーツの採用により、クラシカル感のイメージも強くなったという点である。

そして、より洗練されたカラーリングにもデザイン性に定評のあるYAMAHAの本気がうかがえる。

通常の”BOLT”

今YAMAHAがアツい!今年流行るのはスポーティテイストのBOLT-C!?

今回ラインナップに加わった”BOLT-C”

今YAMAHAがアツい!今年流行るのはスポーティテイストのBOLT-C!?

今YAMAHAがアツい!今年流行るのはスポーティテイストのBOLT-C!?

<メーカー希望小売価格>
「XVS950CU BOLT-C」977,400円(本体価格905,000円、消費税72,400円)

「XVS950CU BOLT-C(A)」1,028,160円(本体価格952,000円、消費税76,160円)

※(A)はABS装着車。

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

BOLTは大人の遊び道具!?

BOLTの真髄は、何と言ってもエンジンである。BOLTのエンジンは、XVS950Aに搭載されていた挟み角60度のV型2気筒をベースに開発された空冷ツインで、バランサーを廃して3軸をコンパクトに配置する最新エンジン技術によるマスの集中化なども行われている。

バランサーを廃することで小気味良い鼓動感がプラスされつつ、シンプルで扱いやすいパワー特性となっている。このことにより、バイクに初めて跨ったときの鼓動感や躍動感を思い出させてくれつつ、最新技術も感じ取ることができるだろう。

いかがだっただろうか? もう一度バイクに乗りたいと考えている方、初めてバイクに乗ろうと考えている方、両者に対しての、YAMAHAの本気を感じていただけたのではないだろうか。

購入前にさらに詳しい情報を見たい方は、”BOLT-C”の特設サイトがあるので、ぜひ一度ご覧になってみてはいかがだろうか。

【参考リンク】

BOLT C-Spec スペシャルサイト

【画像】

YAMAHA発動機株式会社

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!