ブサ可愛いい!? ヤマハ初のアフリカ向け戦略車「CRUX Rev」は低燃費&コストパフォーマンスで勝負!

ヤマハが発表した、同社初のアフリカ向け戦略車「CRUX Rev(クラックス レヴ)」が、ブサ可愛い!?のでご紹介しちゃいましょう!

ヤマハ「CRUX Rev」とは?

ヤマハは、空冷4 ストロークの“BLUE CORE”110ccエンジンを搭載したアフリカ向け戦略モデルの新製品「CRUX Rev(クラックス レヴ)」を2017年4月からアフリカ諸国で発売。以降、中米・カリブ諸国へ順次導入していきます。

“BLUE CORE”エンジンとは、当サイトでも幾度となく紹介していますが、ヤマハが誇る次世代エンジンのことで、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を高次元で具現化します。

本車両のエンジンは詳細未公表ですが、既にインドで発売されている類似車両の”BLUE CORE”110ccエンジンは、SOHC2バルブのロングストローク・エンジン。最大8.5 N・mを4,500rpm以下で発生させる低速トルク型です。

「CRUX Rev」は、徹底した現地調査を実施。アフリカ各国の交通環境や業務用途を配慮した設計を織り込んだ次世代ベーシックストリートモデルです。

主な特長は以下の通り。

  1. “BLUE CORE”エンジンによるクラストップの優れた燃費(従来機種比約18%向上)
  2. タンデム時でも快適なフラットシートやボード型タンデムフットレスト
  3. 積載性に優れたリアキャリアや高荷重に対応するサスペンションなど高い実用性

ここまでに掲載したスポークホイール仕様はキックスタート式ですが、

セルフスターター付キャストホイール仕様も設定されています。

CRUX Revはアフリカ現地生産!

アフリカおよび中米・カリブ諸国の二輪車市場は360万台規模(2016年実績 / ヤマハ調べ)で、その約半数がバイクタクシーで使われる100~150ccモーターサイクルだそうです。ヤマハの現行モデル「CRUX」(110cc)はもともとインド向けに開発されましたが、2000年代初頭からアフリカや中米・カリブ諸国に導入、アフリカではバイクタクシー用途、中米・カリブ諸国ではエントリーコミューターやデリバリー用途で高い支持を得ています。

近年はマイクロファイナンスなど様々な資金援助システムの普及を背景に、バイクタクシーやデリバリー需要のさらなる伸長が見込まれ、そうした地域のユーザーからは「燃費性」「価格」「品質・耐久性」を満たすモデルの登場が期待されているそうです。

それに応え開発されたのが「CRUX Rev」。高い実用性・快適性に加えて、コストパフォーマンスにも優れたモデルとなっています。

生産は主にインドの生産拠点IYM(India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)で行されますが、同社のナイジェリアでの生産拠点、CFAO Yamaha Motor Nigeria Ltd.(セファオ・ヤマハ・モーター・ナイジェリア / CYMNG)においても、同モデルの現地生産を2017年内に予定しています。

価格は驚愕の約10万円!

アフリカン待望の本モデル、発売開始は2017年4月を予定しており、価格は900ドルといいますから、日本円にして約10万円という破格のプライス!

このブサ可愛い「CRUX Rev」、働くアフリカンの良き相棒として、きっと人気車になってくれることでしょう!

参考 – ヤマハ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。