速報!ヤマハ「FJR1300」の2018年ニューカラーがヨーロッパで発表された!

ヤマハが誇るスポーツツアラー・モデル「FJR1300」の2018年カラーがヨーロッパにて発表されました!

リリース本文は未発表ですので、今回は画像を中心にご紹介しましょう!

「FJR1300」2018年カラーはコレだ!

コチラが今回発表された「FJR1300」2018年ニューカラー!カラー名は”Phantom Blue”です。

スポーツツアラーに相応しいパニアを標準装備した、ご覧の「FJR1300 AS」と……

パニアを装備していない、よりスポーティなエクステリアの「FJR1300 A」の2モデルをラインアップしているのは日本もUKも同じです。両モデル、同じニューカラーが追加されます。

ニューカラーの”Phantom Blue”ですが、スタジオ写真では落ち着いた艶消し風に見えますが、屋外での写真で見ると、艶こそありませんが、やや強めの色に見えます。

「FJR1300」を復習しておこう!

FJR1300 Tech Graphite

さて、ついでですので、「FJR1300」を復習しておきましょう!

本車両は、”ダイナミックツーリング”をコンセプトに、長距離ツアラー性能とスポーツ性を高次元で両立させたモデルです。

2001年にヨーロッパでデビュー。以来、シルキーでトルクフルなエンジン特性と長距離高速巡航性能、そして高い快適性能と俊敏な運動性能により、”スポーツツアラー”という新しいカデゴリーを造り上げ、牽引し続けています。

2013年の大幅なマイナーチェンジと同時に日本販売がスタート。そのマイナーチェンジではエンジンやフレームといった車体のコアとなる部分は受け継ぎましたが、一方で最先端の電子制御技術を駆使し、快適性とバイクを操る楽しさという、FJRの核となる部分が大幅に進化して、現在に至ります。

搭載しているエンジンは、総排気量1,297ccの水冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ。最高出力108kW(147PS)/ 8,000rpm、最大トルク138N・m(14.1kgf・m)/ 7,000rpmを発揮します。

6速トランスミッションであり、「FJR1300 A」はA&S(アシスト&スリッパー)クラッチを装備。また、滑らかな発進性をサポートするTCSを装備しており、快適性・安全性を確保しています。

「FJR1300 AS」では、電動調整サスペンションを搭載。フロントの減衰力、リアのイニシャル・リアの減衰力を統合的にバランスさせ、自動設定。また調整は多機能ハンドルスイッチにより、ドットマトリックス表示メーターを確認しながら行なえます。

設定は、「1人乗り」「1人乗り+荷物」「2人乗り」「2人乗り+荷物」の4パターン。それぞれに「ソフト」「スタンダード」「ハード」から減衰力を選択、さらに7段階(0~±3)に微調整でき、トータルで84通り(4×3×7=84)の調整が可能。

「FJR1300 A」はコンベンショナルな正立式フロントフォーク。3メタルスライド式で、アルミ製ピストンロッドやアルミ製プランジャーなどを装着し、軽量化を図りながら円滑な摺動性を確保しています。

好みに応じて2つのエンジン特性を選べるD-MODE(走行モード切替システム)を搭載。走行環境やライダーの好みにより、「Tモード」(長距離ツーリングや市街地での扱い易さを重視したモード)、「Sモード」(パワー感・スポーティな走行フィーリング・操る喜びを楽しめるモード)を選択できる。右側ハンドルにあるスイッチ操作により選択可能です。

多彩な機能をシンプルかつ総合的に操作するため、多機能ハンドルスイッチを装備。グリップウォーマーの強弱調整、電動スクリーン調整、メーター表示内容切替えなど、各種操作や調整が簡単に操作可能。また、エンジンストップスイッチとスタートスイッチは一体式です。

スポーツツアラーに相応しく、ガソリンタンク容量は25Lと充分です。

「FJR1300」は最先端のスポーツツアラーだ!

いかがでしたでしょうか?「FJR1300」の2018年ニューカラーをご紹介しつつ、同車を簡単に振り返ってみました。このニューカラーは日本でも導入されると思います。ご購入を検討している方の参考にして頂けたらと思います。

参考-ヤマハ(UK)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。