ヤマハの125cc攻勢!原付二種スクーター「NMAX ABS」&「シグナスX SR」の新色が登場!

ビッグスクーター・ブームが終焉を迎えてしまった日本市場ですが、一方で125cc前後クラスは活況を呈しています。

そんななかでも特に積極的なのがヤマハ!

名前が長過ぎる……ヤマハ「シグナスX XC125SR」Movistar Yamaha MotoGP Editionが限定で発売!

先日は125ccの人気モデル「シグナスX XC 125SR」にMovistar Yamaha MotoGP Edition を設定して、限定発売をアナウンスしていました。

NMAX ABS

今回発表したのは、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させた124cc“BLUE CORE”エンジンを搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」。平成28年度国内排出ガス規制へ適合した125ccモデルの新色です。

「NMAX」は、“Global Prestige City Commuter”をコンセプトに、ヨーロッパや日本で人気の「TMAX」、ヨーロッパ向け「XMAX」などMAXシリーズのスタイルと走りの良さを原付二種(125ccクラス)に展開したモデル。

それゆえ、125ccモデルとは言え、全長1,955mm、ホイールベース1,350mmと、大柄のライダーでもゆとりのライディングポジションを実現します。

エンジンは、当サイトでもご紹介している、ヤマハが誇る次世代エンジンである“BLUE CORE”。高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図った水冷4ストロークSOHC124cc単気筒4バルブエンジンです。

アルミ鍛造ピストンとオールアルミ製ダイキャストシリンダー「DiASilシリンダー」、低速向け、高速向けカムが6,000回転を境に切り替わる可変バルブ機構(VVA)などを採用。高い燃焼効率を引き出し、優れた燃費と走行性、良好な加速フィーリングが体感できます。

ねじり剛性に優れたフレームが、スポーティな走りと優れた走行性を実現し、ライダーの操作にダイレクトに反応します。前後にディスクブレーキを採用。ABSも標準装備です。

タイヤは、前後とも軽快さと安定感を併せ持つ13インチのワイドタイヤを採用。

十分なスポンジ厚を備える2段シートを採用し、タンデムでの居住性にも配慮しています。

シート下のトランクは容量約24リットル。フルフェイスヘルメットを収納可能です。2個入ると嬉しいのですが、さすがに125ccクラスでは困難ですね。フロントポケットには、500mLペットボトルを収納できます。足元に設置された給油口は、シートを開けることなく給油が可能。

物騒なご時世ですから、鍵穴へのイタズラや盗難を抑止するキーシャッターも装備しています。

ここまでに掲載した従来から設定のある“ブラック”は、ホイールカラーもブラックに統一、サイドカバーのカラーを質感の異なるマットグレイとすることで、アイコンとなるサイドカバーの造形をより強調させています。

新規設定となる“マットレッド”は、「NMAX155」で人気のカラーリングを採用。上質な印象です。

人気の“ホワイト”は継続設定。

「NMAX ABS」の発売日と価格は?

さて、新色を設定された2018年モデル「NMAX ABS」の発売日は、8月21日とされています。

そして大切な車両本体価格(消費税込み)は……35万1,000円。メイド・イン・インドネシアですが、このお値段ならOKでしょう!

「NMAX ABS」のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,955×740×1,115mm
  • 軸距:1,350mm
  • シート高:765mm
  • 車両重量:127kg
  • エンジン:水冷4ストロークSOHC単気筒4バルブ
  • 総排気量:124cc
  • ボア×ストローク:52.0×58.7mm
  • 圧縮比:11.2
  • 最高出力:9.0kW(12PS)/ 7,500rpm
  • 最大トルク:12N・m(1.2kgf・m)/ 7,250rpm

「シグナスX XC125SR」のニューカラー

続いては、スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター「シグナスX XC125SR」のニューカラー。

この“ブルー / マットシルバー”と……

この“イエロー / マットシルバー”は、“Show Off Sporty”をコンセプトに、趣味でも二輪車を楽しむ方に向けて、ベースカラーのマットシルバーに目を惹くアクセントカラーを取り入れることで、スポーティな印象を与えるカラーリング。

“ガンメタ”と“ホワイト”は、“Urban Sporty”をコンセプトに、実用性を重視した正統派スタイルの方に向けています。

ちなみに今更ながらの感もありますが、「シグナスX XC125SR」は“ダイナミック・シグナスX”のコンセプトを具現化、実用域のトルク特性と加速感、燃費に優れたCVTエンジンを搭載、ボディの随所に軽量化技術を織り込み118kgの軽量ボディを実現したモデル。

一般的には通勤&通学用車両として愛されていますね!

「シグナスX XC125SR」の発売日と価格は?

コチラも発売日は「NMAX ABS」と同じ8月21日、車両本体価格(消費税込み)は……31万8,600円!コチラは台湾メイドですが、素敵なまでのお値打ち価格ですね!

「シグナスX XC125SR」のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,895×690×1,115mm
  • 軸距:1,305mm
  • シート高:775mm
  • 車両重量:118kg
  • エンジン:空冷4ストロークSOHC単気筒4バルブ
  • 総排気量:124cc
  • ボア×ストローク:52.4×57.9mm
  • 圧縮比:10.0
  • 最高出力:7.2kW(9.8PS)/ 7,500rpm
  • 最大トルク:9.9N・m(1.0kgf・m)/ 6,000rpm

参考-ヤマハ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。