神奈川県警でも採用!ヤマハ「トリシティ125」ベースの白バイが堪らなくカッコいい!

ヨーロッパで白バイと言えばBMW! 当サイトでもBMWベースの白バイの特別仕様っぷりのカッコよさを報告しています。なのですが、そのヨーロッパでヤマハが発表した「トリシティ125」をベースにした白バイがカッコいいと話題になっています。

今回は、この珍しい特別仕様車をご紹介しましょう!

トリシティ125 ベースの白バイ!

コチラがヤマハ「トリシティ125」ポリス仕様になります。

おさらいの意味を込めて、ベースとなった「トリシティ 125」についてご紹介しておきましょう。2014年に発売が開始された、LMW(Leaning Multi Wheel:リーニング・マルチ・ホイール)というリーンする前二輪を持った、新しいタイプのスクーター。排気量は125ccですのでタンデムも可能。

一般的なバイクに近い操縦性と、抜群の安定性を併せ持つ、ヤマハが特に力を入れている新ジャンルの乗り物です。

白バイ仕様のディテール

まずはフロントから。スクリーンの横で青く光っているのは……、

青色LEDライトです!

我々のような善良なライダーとしては、なるべく点灯しないでいただきたい部分ですね。

そしてもちろんスピーカーを搭載。いずれも白バイの必須装備です。

なのですが……、

コレラを装備した姿をフロントから見ると、前二輪の独特の車体構成と相まって、何が何やら、という形になります。

続いてはリヤの装備について。

ポリス仕様と言えばコレ! 不届き者を取り締まるのに必要な?書類をはじめ、備品類を運ぶのに便利な容量39Lの大型パニアを装備しています。そのパニアには青色LEDの回転灯が搭載されています。パニアケースの上におき忘れた缶ジュースのようですが……。

神奈川県警でもトリシティの白バイを採用!

この車両はイタリア向けを想定しているのでステッカーはイタリア語。特別仕様のステッカー貼付も可能だそうです。そして最近、筆者は神奈川県在住なのですが、このトリシティ白バイ仕様車を目撃しています。早くも「神奈川県警」が採用しているのです。その車体は日本仕様なので、一般的な白バイ同様、白黒でした。

四輪と比較すると遥かに小回りがきき、それでいて一般的な二輪車よりも安定性が高い「トリシティ」。市街地のパトロールやコミューター的な使い方に適しているのでしょう。

皆さん、お巡りさんの手を煩わせぬよう、(自戒を込めつつ)安全運転で過ごしましょうね!

参考 – Yamaha
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。