【悲報】ヤマハが誇る長寿モデル「SR400」&「セロー250」が生産終了!しかし朗報も……

モデルチェンジが頻繁な日本メーカーにあって、ヤマハはコレぞ、と決めたモデルは長く育ててくれるメーカーとして知られています。

そんなヤマハですが、国内販売の低迷と迫り来る規制の波には贖えず……

【悲報】ヤマハ「VMAX」が残り120台で生産中止……新車が欲しい人は最後のチャンス!

【悲報】ヤマハ「XJR1300」も生産終了……新車は店頭在庫のみ(涙)

遂に、同社を代表する2モデルの生産が終了してしまったことは、今も忘れられない悲しい出来事でした。

「SR400」と「セロー250」も生産終了に……

そんな私たちに追い打ちを掛けるように、この度、ヤマハから大変残念なニュースが……それが、「SR400」「セロー250」の生産終了です。

二輪車平成28年排出ガス規制等により2017年8月をもって生産終了と発表されたのは、上記2車の他、以下になります。

  • ドラッグスター400
  • ドラッグスター400クラシック
  • トリッカー
  • マグザム
  • アクシストリート
  • VOX
  • BW’S

8月末で生産が終了した、ということは、これらモデルの新車は現在庫のみ、ということ。欲しい方は是非、お急ぎください!

「SR400」、「セロー250」、「トリッカー」は後継車が出てくる!

さて、大変残念な今回の生産終了の発表でしたが、ファンには朗報もありました。それはヤマハの発表に明記された以下の一文です。

なお、SR400、セロー250、トリッカーは後継モデルの開発に取組んでおります。

ならば生産終了に合わせてモデルチェンジで対応してくれれば、と文句の一つも言いたい気持ちを抑えつつ、今はただ、この後継モデルの登場を祈るのみとなりました……

発売時期は未定とのことですが、新しくなって魅力を増した「SR」「セロー」「トリッカー」の登場に、皆で期待しましょう……

参考-ヤマハ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。