新型125ccシングルやEVスポーツなど、ヤマハが東京モーターショー2015で発表するバイクまとめ

ヤマハは、東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」(プレスデー:10月28日〜29日、一般公開日:10月30日〜11月8日)に、コンセプトモデルを含む二輪車などを出展する。

今回は、そんな同社が発表する出展概要にスポットを当ててご紹介したい。

まさかの四輪も!?

ヤマハの今回のテーマは「YAMAHA MOTOR PRODUCT ORCHESTRA」。

今回のヤマハブースでは、世界初披露のワールドプレミア6モデル、日本初披露のジャパンプレミア1モデルを含む電動アシスト自転車、スクーター、モーターサイクル、リーニング・マルチ・ホイール(LMW)、四輪バギー(ROV)、四輪車の合計20モデルを展示し、さらにモーターサイクル技術とロボティクス技術を融合したヒト型自律ライディングロボットの技術展示など、小型モビリティを基幹事業とするヤマハならではの「広がるモビリティの世界」が提案される。

15_LMW

新たな次元の感動創造に挑むリーニング・マルチ・ホイール(LMW)。

16_T40teaser

二輪車発想でヤマハらしさを表現した四輪車のデザイン提案モデル。こ…これは…。「2000GT」やスポーツカー・コンセプト「OX-99」の後継機となるのだろうか。

そのほかにも125ccシングルや、EVスポーツ、EVトレール、電動アシストMTBまで、東京モーターショー15で世界初披露となる出展車が盛りだくさん!

Resonator125(レゾネーター125)コンセプト

125cc空冷・4ストローク単気筒(FI)

これからモーターサイクルと出会う若者に、「バイクと共にあるライフスタイル」を提案するオーセンティックスポーツのコンセプトモデル。軽量・スリム・コンパクトな車体に、メーター周りに新規性のあるデバイスを配して、近未来の時代感とノスタルジックを融合。さらにギターに用いる木目素材をあしらったタンクやシートカウル、管楽器に用いるエングレービング技法で装飾したマフラーやタンクキャップ等を採用し、ヤマハブランドならではの感性と質感で、若者のインスピレーションを刺激する。

PES2(ピーイーエス ツー)コンセプト

全長×全幅×全高:1,920mm×680mm×1,060mm

原動機種類:DCブラシレスモーター

蓄電池形式:リチウムイオンバッテリー(着脱式)

車両重量:130㎏以下

電動ならではの特性に加え、既存のモーターサイクルファンにも違和感のない操作感と、Passionを感じる新感覚の走りを実現するEV二輪のコンセプトモデル。Streetスポーツの「PES2」と、Dirtスポーツの「PED2」は、フレームを兼ねるモノコック構造の新パワーユニット(ヤマハ・スマートパワー・モジュール)を共有している。

こちらの「PES2」は、前輪にインホイールモーターを装着した2WDを採用し、未体験の走りの境地を開拓するオンロードスポーツモデルとなっている。

PED2(ピーイーディー ツー)コンセプト

全長×全幅×全高:2,045mm×775mm×1,205mm

原動機種類:DCブラシレスモーター

蓄電池形式:リチウムイオンバッテリー(着脱式)

車両重量:100㎏以下

一方の「PED2」は、EVのクリーン&サイレント性を生かして自然の中をトコトコ楽しむマウンテントレールギアという位置付け。PES2、PED2ともに原付二種クラス相当となっている。

YPJ-MTB CONCEPT(ワイピージェイ エムティービー コンセプト)コンセプト

原動機種類:ブラシレスモーター

定格出力:250W

バッテリー容量:400Wh

蓄電池形式:リチウムイオンバッテリー

モーターアシストと高性能自転車のハイブリッドによる、フィールドを選ばない大人が楽しむ電動アシストマウンテンバイク。電動ユニットの存在感を際立たせる発進・加速・登坂性能と、電動ユニットの存在を感じさせないデザイン性を両立。フィールドで安心して楽しめるよう、400Whの大容量バッテリーや多機能メーターを装備しています。「”楽(ラク)”する道具から、”楽しく”スポーツする趣味材」へ。電動アシスト自転車の機能を再定義し、新たな価値とシーンを提案する「YPJ」のMTBタイプのコンセプトモデルだ。

ヤマハらしいデザイン性に優れたコンセプトモデルが多数出展されるのはもちろんだが、なんといってもEVスポーツとEVトレールは注目だ。そして、ヴェールに包まれた四輪のデザイン提案モデルにも期待が膨らむ。

今年のヤマハブースも話題に事欠かなそうだ。

参考 – ヤマハ発動機東京モーターショー15 ヤマハ スペシャルサイト

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。