意外に大改造されたニューモデル!ヤマハ「Tracer 900 GT」がヨーロッパで新発売されたぞ!

ヨーロッパでは、スポーツツアラーに一定の需要があるのはご存知の通りです。

そのためヤマハでは昨年、人気モデル「MT-10」をベースにした……

ヤマハの隠し玉!「MT-10」ベースのツアラーエディションがヨーロッパでリリースされたぞ!

「MT-10 Tourer Edition」をリリースしており、それは今でも継続して販売されています。

「Tracer 900 GT」が新発売!

今回ご紹介するのは、ヤマハが同じくヨーロッパにて、2018年モデルとして発表したニューモデル「Tracer 900 GT」です。

ベースとされたのは「Tracer 900」なのですが、そもそも「Tracer 900」の大元はと言えば……

MT-09 2018年モデル

ハイパーネイキッド・モデル「MT-09」であることは、ご存知の通り。

その「MT-09」をベースに”Sport Multi Tool Bike”のコンセプトに基づいて、市街地からツーリングまで快適に走れるプラットフォーム開発モデルとして誕生したのが「Tracer 900」でした。

ハイパーネイキッド・モデルの「MT-09」がスポーツツアラー「Tracer 900」になり、更にツアラーとしての性能を高められて、この「Tracer 900 GT」にまで変身したのです。プラットフォーム開発という、近年各メーカーが進めている手法も、なかなかに侮れませんね。

パッと目に付くのは、当たり前ですが、両サイドに搭載されたパニアケースでしょう。

が、この「Tracer 900 GT」、単にパニアを装着しただけのお手軽ニューモデルでは決してありません。意外なほどに大改造が施されているのです。以下、ディテールを紹介します。

「Tracer 900 GT」のディテール

とは言え、まずは本モデルの顔とも言えるパニアケースから。容量は22Lと、高速ツーリングには充分と言えましょう。

フルカラー液晶のインストゥルメントパネルを装備。快適性が重要となるグラン・ツアラーには、あると嬉しい装備でしょう。

快適性と言えば、クルーズコントロール機能も付与されています。

エンジンはベースモデルから変わらぬ847㏄水冷3気筒をそのまま搭載。パフォーマンスには不満のないエンジンですから、これは納得。

本モデルでは、クイックシフトを新採用している点が注目です。

倒立タイプのフロントはゴールドフィニッシュであるだけでなく、フルアジャスタブル・タイプにアップグレードされています。

これもロードの増減と路面状況に応じてセッティングができる、ツーリングに適した仕様です。

カラーラインアップは、ここまでに掲載した”Midnight Black”、”Phantom Blue”、”Nimbus Grey”の3色。”Phantom Blue”が良い感じですねぇ~。

「Tracer 900 GT」の日本導入は……

いかがでしたでしょうか?「Tracer 900」をベースに Grand Tourer としての能力を高めたヨーロッパ仕向けのニューモデル「Tracer 900 GT」。

日本での導入可能性は……「MT-10 Tourer Edition」の例を考えると期待薄ですね。日本にも、こんなモデルがあっても良いと思うんですけどね。

参考-ヤマハ(UK)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。