遂に”BLUE CORE”エンジンを新搭載!ヤマハ「トリシティ125/ABS」がモデルチェンジして魅力倍増

ジワリジワリとファンを増やしつつあるヤマハが初めて発売した”LMW”モデル「トリシティ125」。

ヤマハの“LMW”=Leaning Multi Wheelとは、モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称。この秋、遂に”LMW”初の大型モデル「NIKEN」が発表されましたね!

2018年に発売予定!ヤマハ「NIKEN」をデザインコンセプトモデル「01GEN」から復習だ!

“LMW”初の大排気量モデルであり、斬新なスタイリングを採用。そして2018年の市販が明言されたことで、俄然注目が集まりました。

「トリシティ 125 / ABS」2018年モデルが登場!

さて、今回ご紹介するのは、「トリシティ 125 / ABS」の2018年モデルです。

パッと見では気付き難いと思いますが、実は大幅なモデルチェンジが行われています。最大の注目はエンジンです。

国内発売日が決定!ヤマハ「TRICITY 155 ABS」は実用性が格段に高まった!

2017年モデルとして初めて販売が開始された「トリシティ 155 ABS」は、ヤマハが誇る次世代エンジンである”BLUE CORE”エンジンを搭載していました。

が、2017年モデルまでの「トリシティ 125 / ABS」は旧タイプのエンジンを搭載していたのでした。そのため……

30ccの差で大違い!ヤマハ「TRICITY155」の詳細が判明!

2017年モデルまでの「トリシティ 125 / ABS」は、155ccモデルより30cc排気量が少ないだけなのに、最高出力は155ccが14.9HP / 8,000rpmで125ccが10.9HP / 9,000rpm)と、4.0HPも非力だったのです。

2018年モデルは”BLUE CORE”エンジンを新搭載!

2018年モデルより搭載することになった”BLUE CORE”エンジンは、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして開発。吸排気バルブを4バルブ化、VVA機構を搭載しています。VVAは、吸気バルブの作動を低中速側と高速側で切り替えるもので、トルク特性と燃費に貢献。高速域で心地よい加速感ももたらします。

小型ラジエターとクーリングファンをエンジン右側に、ウォーターポンプは左側に配しボディをコンパクト化、冷却性と広いフットスペースを両立。水温に応じた冷却水循環を行う“バイパス式サーモスタット”方式のラジエターは、暖機時間も短く燃費向上に貢献。オフセットシリンダー、ローラーロッカーアーム、小型ACMなど随所にロス低減を図り、良好な燃費の実現に貢献しています。

最高出力は12PS@7,500rpmへと向上しています。旧モデルは約11PS@9,000rpmでしたから、1PS出力が向上し、回転域が大幅に下がることで実用性と応答性が高まっています。

また、外観からは分かりませんが、新エンジンとのマッチングを図った新設計フレームを採用しています。これはハッキリ言ってしまえば「トリシティ 155」との共通化。車体のスペックが155㏄と全く同一になっています。

それでも、共通化した結果、高速域でも十分な強度と剛性のバランスを確保、足元スペースも広くなりました。足元スペースは「トリシティ 125」の数少ない弱点でしたので、そこを補ったのは◎でしょう!

リアサスペンションはツインチューブ式のショックアブソーバを新たに採用し良好な乗り心地をもたらします。またリアにはグリップ性に優れた130㎜幅タイヤを新たに採用しました。

また、足付きを考慮した新シートを採用しています。滑り難い表皮と良好なホールド性をもつ形状で、ゆったりした足元スペースと相まって優れた居住感とポジションの自由度に貢献しています。

旧モデルとの比較ではシート高が15mmダウンとなります。

ロービーム3灯、ハイビーム2灯構成のLEDヘッドランプを採用し、現行から継続のLEDポジションランプとの相乗効果により高級感あるフロントマスクを演出します。

また、ここまでに紹介した改良以外にも……

  • フロントパネル内側には12V・DC電源ジャック付き小物入れを設け利便性を向上
  • シート下トランクは大容量約23.5LでLED照明も装備
  • 見易いECOランプ装備液晶メーターの採用
  • ヘルメットホルダー(2個)を採用し利便性を向上
  • 踵部分の自由度が高い広いフラットフットボード
  • リア周りの一体感を印象づける新デザインのグラブバー/タンデムフットレスト

と、利便性&商品性の向上は多岐に渡ります。

2018年モデルのカラーラインアップは……

カラーラインアップは、冒頭より掲載していた新色の”ライトシアンメタリック4(シアン)”と、同じく新色の”ホワイトメタリック6(ホワイト)”が「トリシティ 125 ABS」に設定されています。

ABSのない「トリシティ 125」には、新色の”ホワイトメタリック6(ホワイト)”と、この新色”マットグレーメタリック3(マットグレー)”となります。

気になる発売日と価格は?

“BLUE CORE”エンジンの搭載と車体の「トリシティ 155」との共通化というモデルチェンジにより、大幅に魅力を増した「トリシティ 125 / ABS」2018年モデル。その発売日は2018年1月20日です。

気になる車両本体価格(消費税込み)は……「トリシティ 125」が39万4,200円、「トリシティ 125 ABS」が43万2,000円。これは納得のお値段でしょう!

「トリシティ 125 / ABS」のスペック

< >内は ABS モデル。

  • 全長×全幅×全高:1,980×750×1,210mm
  • ホイールベース:1,350mm
  • シート高:765mm
  • 車両重量:159kg<164kg>
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / SOHC4バルブ
  • 総排気量:124cc
  • 内径×行程:52.0×58.7mm
  • 圧縮比:11.2
  • 最高出力:9.0kW(12PS)/ 7,500rpm
  • 最大トルク:12N・m(1.2kgf・m)/ 7,250rpm

参考-ヤマハ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。