羨ましいぞインドネシアン!ヤマハがニューモデル「V-IXION R」を発売!

日本では萎む一方のバイク市場ですが、東南アジアではイケイケなんですよね……特にインドネシア市場は活発で、560万台/年もの販売を誇るとか。

日本は今や約33万台/年ですから、インドネシア市場は日本の15倍以上にもなります。

スポーティスクーターという新ジャンル!ヤマハ「GDR155」は斬新なニューモデルなのだ!

そんなワケで、本年1月に当サイトでご紹介したヤマハ「GDR155」のように、彼の地では意欲的なニューモデルが続々発表されています。

ヤマハ「X-IXION R」は「YZF-R15」のネイキッド版

さて、今回インドネシアで発表されたのは、ニューモデル「V-IXION R」。

VVA(Variable Valve Actuation:可変バルブタイミング機構)装備の水冷4ストローク単気筒エンジン(総排気量155cc)を搭載する新型ネイキッドスポーツです。と聞いて……

最高出力18.3%アップの新エンジン搭載!ヤマハの新型「YZF-R15」がインドネシアで発売開始されたぞ!

本年4月に当サイトでご紹介したインドネシア向けモデル「YZF-R15」を思い出した方もいらっしゃるのでは?

この「YZF-R15」は、この新エンジンを搭載。最高出力が大幅にアップすることで魅力を増した、スーパースポーツ・モデルでした。

ヤマハ「V-IXION R」のディテール

ということで、今回リリースされた「V-IXION R」をご紹介しましょう。

その最大の注目は、やはりエンジン。VVA機構を搭載した、水冷単気筒155ccSOHC4バルブエンジンです。ボア×ストロークは58,0×58,7mmですが、これは“BLUE CORE”エンジンを搭載した「トリシティ155」と同一。

ところが「YZF-R15」の最高出力は14,2kW / 10000rpmと、「トリシティ155」より3.2kWも高出力です。

あろうことか、スリッパークラッチを装備しています!

フレーム&リアアームはベースモデル「YZF-R15」と同一。バリエーションモデルの王道ではありますが、ユーザー側としては嬉しい仕様と言えます。

「YZF-R15」はフロント倒立フォークですが、「V-IXION R」はコンベンショナルな正立フォークとされています。それに伴い、ホイールベースは「YZF-R15」より若干短縮されていたり、シート高が下がっていて、よりコンパクトに仕上げられています。

ちょっとカッチョいいアンダーカウルを装備していて、グラフィックさえもう一工夫あれば、より魅力的なんです。

ちなみに、ヤマハ(インドネシア)のウェブサイトでは、”Movistar Yamaha”カラーのモデルも販売しとりまして、やっぱり素敵でございます。

上掲の「YZF-R15」と同様、この面白そうなネイキッドモデル「V-IXION R」、日本での販売予定は発表されていません……残念ですね。

ヤマハ「X-IXION R」のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,900×720×1,025mm
  • ホイールベース:1,320mm
  • シート高:795mm
  • 車両重量:131kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / SOHC4バルブ
  • 総排気量:155.1cc
  • 内径×行程:58.0×58.7mm
  • 圧縮比:11.6±0.4
  • 最高出力:14,2 kW / 10,000rpm
  • 最大トルク:14,7 Nm / 8,500rpm

参考-ヤマハ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。