カフェレーサー&スクランブラー!2つの顔を持つヤマハ「XSR700」ベースのカスタムが斬新!

ヤマハらしい軽量コンパクトな車体とモダンな美しいデザインが融合したロードスポーツモデル「XSR700」。残念ながら日本国内では販売されていませんが、眼の肥えたヨーロッパユーザーから高く評価されています。

今回は、そんな「XSR700」の“軽量”という魅力を増幅させつつ、驚きの手法で操作性も高めた、秀逸のカスタムバイクを紹介しましょう!

「XSR700」by Rough Crafts

それがコチラ、台湾の「Rough Crafts」が製作した1台。

車両各部にカーボンパーツを採用して軽量化することで、元々軽量な車体と軽快なハンドリングがウリの「XSR700」を見事なカフェレーサーに仕立てています。

ところが、このカスタムマシン。実は……

前後ホイール&ハンドルバーを変えることで、スクランブラーに変身してしまうのです! 二面性という、もう一つの魅力を付け加えることに成功しています。

そしてもう一つ、操作性を高めるために、面白い手法を採用しているのも注目すべきポイントです。順を追ってご紹介しましょう。

カーボン製パーツを多用して軽量化!

軽量化の手法は、徹底したカーボン製パーツの使用。例えば、このフロントフェンダーをはじめ……

(ステッチの美しいシートレザーにも眼を奪われますが)シングルシートカウルもカーボン製です。

そしてガソリンタンクもカーボン製。これらは全て一品物として製作されています!

タンクキャップには「Rough Crafts」の文字が! コレは同社のオリジナルパーツです。

と思ったら、カーボン製なのはタンクカバー! カーボン製カバーの下にアルミ製タンクが隠されていました。

驚いたことに、これら全てのカーボン製パーツは、フレーム等への加工なくボルトオンで装着できるキット化されるそうです!

YZF-R1用パーツを流用!

前後ホイールは”Rotobox”のカーボン製。ブレーキは”Berlinger”製品をチョイス。なのですが、これらのパーツ、実はいずれも「XSR700」用ではなく、「YZF-R1」用なのがミソ。

「YZF-R1」用パーツの流用は実はフロントフォークにも及びます! フォークは”Shark Factory”製品なのですが、これまた「YZF-R1」用です。

それを可能にするのがオリジナルのトリプルツリー。高性能な「YZF-R1」用アフターマーケット・パーツを流用できるよう、開発されたこのトリプルツリーも、キット化して販売するようです!

ちなみにブレーキ&クラッチレバー、マスターシリンダーといったブレーキ関連パーツは”Belinger”の「YZF-R1」用。ヘッドライト、左右のグリップラバーは”Rough Crafts”オリジナルパーツです。

リアホイールも”Rotobox”のカーボン製……。こうして、徹底して軽量化を図りつつ「YZF-R1」用に開発された高性能パーツを装着して、操作性を高めているというワケです。

カフェレーサーからスクランブラーへの変身は1時間弱!

いかがでしたでしょうか? このカフェレーサーとしても、スクランブラーとしても楽しめるカスタム車両、仕様変更はわずか1時間弱なのだとか。ボルトオンで開発しているから成せる技でしょう。

実は、当サイトでも度々登場している台湾の「Rough Crafts」。実に素晴らしい技術力だと思いませんか? 今後も同社のカスタム車両がリリースされたら、ご紹介しましょう!

参考-ヤマハ(グローバル)、Rough Crafts
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。