最高出力18.3%アップの新エンジン搭載!ヤマハの新型「YZF-R15」がインドネシアで発売開始されたぞ!

ヤマハが、スーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」のDNAを受け継ぐスポーツモデルの新型「YZF-R15」を2017年4月からインドネシアで発売、その後アセアン各市場に導入予定であると発表しました。

新型「YZF-R15」

新型「YZF-R15」は、スーパースポーツの要素を醸し出す“シリアス感”や“レーシーイメージ”が支持され人気を博している現行「YZF-R15」の後継モデルとして、スポーツ性能のさらなる向上を目指して開発されました。

主な特徴は……

  1. 現行モデル比で排気量3%アップながら出力18.3%向上、実用燃費4.7%向上を図ったVVA(Variable Valve Actuation; 可変バルブシステム)搭載の水冷155ccエンジン
  2. 「YZF-R1」のDNAを受け継ぐ外観と薄型2眼LEDヘッドライト採用
  3. 優れたショック吸収性能と良好なフロント接地感、剛性感に寄与する倒立式フロントフォーク

などです。

560万台規模のインドネシア二輪車市場においては、スクーターやアンダーボーンタイプが主流のなか、ヤマハの「YZF-R25」「YZF-R15」を中心とするスポーツモデルは、若いバイカーのステップアップの対象として好評です。今回の新型「YZF-R15」は都市部の20代男性やモーターサイクルのトレンドに敏感なバイカーをターゲットとしています。

本気仕様のディテールに注目!

本モデル最大の注目点は、水冷単気筒155ccSOHC4バルブエンジンです。

ボア×ストロークは58,0×58,7mmですが、これは“BLUE CORE”エンジンを搭載した「トリシティ155」と同一。ところが「YZF-R15」の最高出力は14,2 kW / 10000rpmと、「トリシティ155」より3.2kWも高出力なのです。

VVA機構を搭載しており……

まさかのスリッパークラッチまでも装備しています!

フロントフォークは倒立タイプを採用しており……

スイングアームもアルミ製を奢っています。

ちなみに、製造・販売はグループ会社YIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行うそうです。

日本国内でも販売してほしい!

エンジン・車体ともに、かなり本気仕様なモデル、新型「YZF-R15」。冒頭で記しましたが、残念ながら今のところ日本国内販売の予定はないようです。

が、スズキは155ccモデル「ジクサー」を国内販売していることですし、ヤマハの気が変わる可能性も無いとは言い切れません。期待したいですね!

「YZF-R15」のスペック(インドネシア仕様)

  • 全長×全幅×全高:1,900×725×1,135mm
  • ホイールベース:1,325mm
  • シート高:815mm
  • 車両重量:137kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / SOHC4バルブ
  • 総排気量:155.1cc
  • 内径×行程:58.0×58.7mm
  • 圧縮比:11.6
  • 最高出力:14,2 kW / 10000rpm
  • 最大トルク:14,7 Nm / 8500rpm

参考-ヤマハヤマハ・モーター・インドネシア
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。