大都会のチーター!ヤマハがMTシリーズの最新作「MT-25」をインドネシアで発売

ヤマハは、250cc水冷直列2気筒エンジンを搭載するMTシリーズの最新モデル「MT-25」を、2015年6月よりインドネシアで発売すると発表しました。

なお製造および販売は、同国のグループ会社PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)が行うとのこと。

優れた走行性とコストパフォーマンスの両立

大都会のチーター!ヤマハがMTシリーズの最新作「MT-25」をインドネシアで発売

MTシリーズの新製品「MT-25」は、すでに東南アジア市場で人気のある「YZF-R25」のエンジンとフレームをベースに、市街地での走行に適したモデル(日常的な速度域で楽しめるモデル)として開発されました。

また、欧米など先進国市場を中心に導入し、人気を博している「MT-09」や「MT-07」など”MTシリーズ”の世界観を、250ccクラスに展開したモデルとなっています。

上記2つを融合させることにより、より優れた走行性とコストパフォーマンスを両立しています。また、開発コンセプトとしては、市街地を俊敏に駆け抜け交通の流れをリードする”大都会のチーター”とのこと。主な特徴は以下の通りです。

  1. 市街地での機敏かつ快適な走行に適した乗車姿勢
  2. MTシリーズ共通の“マスフォワードシルエット”と“マス集中感”を具現化したデザイン
  3. 中高速で高揚感のある2気筒エンジン
  4. 軽快なハンドリングに貢献する165kgの軽量な車体設計

大都会のチーター!ヤマハがMTシリーズの最新作「MT-25」をインドネシアで発売

なお、今回インドネシアで「MT-25」が発売となる背景としては、昨年発売された「YZF-R15」「YZF-R25」などロードレースへの憧れを抱くユーザーに向けたモデルがヒットし、スポーツモデルの人気が高まりつつあるため、さらなるヤマハブランドのスポーツイメージを向上させ、市場全体での販売拡大に繋げる狙いがあるようです。

大都会のチーター!ヤマハがMTシリーズの最新作「MT-25」をインドネシアで発売

MT-25は、事業規模拡大を担うグローバルモデルとして、順次世界各国に投入予定とのこと。

インドネシアでの小売価格は4,600万ルピア(約42万9,000円)となっています。

【関連記事】

ヨーロッパYAMAHAの”MT-09″イメージ映像が不良すぎる!!

今YAMAHAがアツい!今年流行るのはスポーティテイストのBOLT-C!?

ヤマハ「SEROW250」ユーザー必見!みんなで作るセロー30周年記念動画

楽器デザイナーがバイクを作るとこうなる!【プロジェクト アーメイ(前編)】

バイクデザイナーが楽器を作るとこうなる!【プロジェクト アーメイ(後編)】

参考 – ヤマハ発動機株式会社

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。