カワサキZシリーズの末っ子「Z125 PRO KRT Edition」2016年モデルが追加!

カワサキのスーパーネイキッド「Z」シリーズの中で、最も軽くコンパクトな車体を持つ「Z125 PRO」が、ニューカラーに身を包んで限定500台で新発売されます!

Z125 PRO KRT Edition 2016年モデル

16BR125H_GN1DLS2CG

デザインコンセプトとなったのはファクトリーマシン「Ninja ZX-10R」。スーパーバイク世界選手権で戦うマシンと同イメージのカラーリングを採用しています。「KSR」の時代から、カワサキのミニバイクには、ライムグリーンが良く似合いますね!

ちなみにKRTはKawasaki Racing Teamの略です。

16BR125H_GN1DRS2CG

各部の仕様は基本的にはベースモデルと同じですが、おさらいしておきましょう。

倒立フォークやオフセットレイダウンリヤサスペンション、前後のペタルブレーキディスクなど、ミニバイクとは思えないパフォーマンスを重視した本格装備が自慢。さらに、高回転域までスムーズに吹け上がる空冷4ストローク単気筒エンジンは、キビキビとした走りと優れた燃費性能を実現。 また「Z」の名に相応しいアグレッシブな外観が、スポーティな走りを連想させます。

ギヤポジションインジケーターや大容量7.4Lのフューエルタンク、タンデム走行に適した段付きシートは、高い利便性と快適性を確保。 街乗りばかりでなく、ツーリングなど、幅広いフィールドで走る喜びを提供してくれます。

KRT Edition独自の仕様

フューエルタンク下部には、ワールドスーパーバイク世界選手権チャンピオンデカールを採用(Kawasaki Racing Teamジョナサン・レイ選手のサインがデザインされています)。

その他には、細かな部分ですが…

16BR125H_GN1DRS2CG2

16BR125H_GN1DRS4

前後ホイールへのピンストライプ採用と、

16BR125H_GN1DRF2CG3

フロントフェンダーに、Kawasaki Racing Teamのデカールが配置されています。

発売日は2016年11月1日(火)

気になる車両本体価格は33万円(税別)、発売日は2016年11月1日となっています。このカラーリングはホンダ「GROM」と天秤に掛けて悩んでいた方にとって、押しの一手になるのではないでしょうか?

500台限定とのことですので、気になった方はカワサキ正規販売店に急ぎご連絡ください!

Z125 PRO KRT Edition のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,700×750×1,005mm
  • 軸間距離:1,175mm
  • シート高:780mm
  • エンジン種類 / 弁方式:空冷4ストローク単気筒 / SOHC2バルブ
  • 総排気量:124cc
  • 内径×行程 / 圧縮比:56.0×50.6mm / 9.8:1
  • 最高出力:7.1kW(9.7PS)/ 8,000rpm
  • 最大トルク:9.6Nm(0.98kgf・m)/ 6,000rpm
  • 車両重量:102kg

参考 – カワサキモータースジャパン
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。