日本ではまず放送できない!アメリカのビックリ放送局とは?

最近はTVのチャンネルがとても多くなった。小さいころ田舎に住んでいて観られるチャンネルはNHKと民放1局のみだったのにCS放送を入れると70局や80局は当たり前となった日本だが、メディア最先端の国と言われるアメリカは150局以上のチャンネル数があり全米中で放送を展開中。

これだけチャンネルがあると当然そのほとんどが「専門チャンネル」で、日本でもおなじみのニュース専門局や映画専門局、また通販専門局などが数多くある。面白いのは宗教専門局や裁判専門局まである。まぁないものはないと言っても過言じゃないほどで、ここまでジャンルが多くなるとやはり、というか遂にでたか、って感じで現れた通販専門チャンネルがその名も『Adam&Eve』。ピンときた人もいると思うが、そう「アダルトグッズ」専門なのだ。ただ、どうやら女性同士のプレイ用の「大人のおもちゃ」専門みたい。

夢多き「Adam&Eve」

放送内容が実に笑えちゃう。決して若いとは言えない30代後半の女性!キャスター2人がまじまじと商品を説明している。2人とも全然派手でなくどちらかと言うと地味気味の服装で真面目な顔してバイブレーターを片手に持って、「こちらの商品は、この指先に似た動きと肌触りが最高にあなたをエキサイトさせてくれます。」、「この繊細な動きはさすが日本製ですね。」とか「このバタフライ型のパンティに付けられたバイブは感動ものですよ。」、「暗いなかでは内部に入れられたたくさんの小さなボールが鮮やかに光るんです。」と。ウソや大袈裟には言ってません!本当にそう言ってるんだから。そして次から次とワクワクする商品が紹介される。

凝りもせず「これも国際勉強だ」と自身に言い聞かせ3日連続ホテルの部屋で見てみたが、良いのでしょうか? 夜中ではなく、ごく普通の時間帯でなおかつ有料チャンネルでもないのに。しかも、アメリカのTVは日本と比べて放送コードがかなり厳しく、女性の乳頭や男性でもヒップの割れ目が少しでも見えたらモザイクをかけないとダメなのに、アダルトグッズとその丁寧な使い方まで説明するなんて。

旧約聖書の「創世記」に出てくる最初の人類と同じ名前の番組タイトルをつけるなんて、まったく…、アメリカ万歳!

【関連記事】

KTM「RC390」に乗るフィンランド人が超セクシー!

夜の営みで男性に処理して欲しいのはアソコだった!

日常に潜む浮気・不倫!サレないための5つの注意点とは?

パートナーが浮気確定のときの対処法

夏の恋愛を徹底解剖!ワンナイトラブOKの女性は○割!?

松並学

松並学

広く、浅く、何にでも興味を持ってしまう老人一歩手前の九州人。カップルのことをアベックと言いそうになることを一番注意している今日この頃。