女性誌「この先死ぬまで男に困らない恋愛とメイクの方法」から学ぶ!女性の深層心理とは?

女性の深層心理というのは、我々男性には理解しがたいものが多々ありますよね。特に恋愛に至っては、全くの見当はずれで逆効果何てこともしばしば。たとえば、”嫌よ嫌よも好きのうち理論”に則って、「この服似合う?正直に言って」ときかれ、バカ正直に「あんまり似合ってないね」なんて言った日には、一日中口も聞いてくれません。そんな失態を減らすためにも、まずは相手を知るところから。

というわけで、今回は株式会社主婦の友社の雑誌、S Cawaii!が特別編集した恋愛とメイクに関するムック『S Cawaii!特別編集 この先死ぬまで男に困らない恋愛とメイクの方法を教えます』の中から女性の恋愛観について学んでいきましょう。

男性100人リサーチで分かった 今”モテる顔”はコレ!

本誌の中でリサーチしている、”男性にモテる顔”について見ていきましょう。

まず「女性は、モテると考えていたメイクが”アイドルみたいなメイク”は実は男ウケが悪いことがわかりました。」とありますが、確かにその通りで、媚びたメイクをしている女性は八方美人で、自分以外にもホイホイついて行ってしまうのでは、という不安がつのり、彼女やお嫁さんとしては、ちょっと考えづらいですね。

しかし、逆に考えると、媚びたメイクをしている女性は、一夜限りの掛け捨ての恋としては良いのかもしれません。

第3位:清楚っぽいガーリーメイク

女性誌「この先死ぬまで男に困らない恋愛とメイクの方法」から学ぶ!女性の深層心理とは?

「目、ほお、リップとまるごとやわらかピンクでまとめて「守ってあげたくなる感」を演出。アイライン&マスカラは、ブラックでしっかりと。」

”守ってあげたい感の演出”とは、だいぶ小悪魔的ですね。このようなメイクをしている女性は”守られたい”願望が強いということなので、積極的なレディーファーストと包容力で守ってあげましょう。

第2位:ちょいモード系メイク

女性誌「この先死ぬまで男に困らない恋愛とメイクの方法」から学ぶ!女性の深層心理とは?

「ハネ上げラインと重くないモードリップでオシャレ顔に。ところどころにさり気なくポイント作ってやり過ぎないちょいモードで個性をアピール。」

この辺りになってくると、やはり男性から見ると好印象であることに間違いはないですね。ちょっと個性派をアピールしている点で、自分の趣味にも付き合ってもらえるのかな?と勘違いすると大惨事です。あくまでも個性的な見た目をメイクで演出しているので、ご注意を!

第1位:ちょっと辛口なカジュアルメイク

女性誌「この先死ぬまで男に困らない恋愛とメイクの方法」から学ぶ!女性の深層心理とは?

「9割の男性が好きと答えた一番モテるメイク!あまり色みを使わずナチュラルにベージュアイとブラウンラインで辛口の中にやさしい印象を入れるのがポイント。」

確かにナチュラルなメイクというのは、いつの時代も好印象です。そしてそれが最大の落とし穴!一見素朴なナチュラルメイク女性には、最大限の注意を払うべきです。”モテるメイク術”を実践している張本人なのですから。

女性のメイクひとつとっても、女性の実に様々な努力が垣間見れます。

たまには、女性誌から女性の恋愛観について学ぶのもまた一興。書店で購入するのが恥ずかしい方は、こっそりネット通販で購入し、学んでみてはいかがでしょうか。

女性誌「この先死ぬまで男に困らない恋愛とメイクの方法」から学ぶ!女性の深層心理とは?

「S Cawaii!特別編集 この先死ぬまで男に困らない恋愛とメイクの方法を教えます」

■価格:本体580円(税別)

■内容:

・男のコ100人リサーチでわかった 今“モテる顔”BEST3を完全再現!男ウケ至上主義メイク

・これで彼氏ができなきゃ終わりです!!恋愛のトリセツ

・男が嫌う重い女の病をPICK-UP! 恋愛病

・「本気なの?」「遊びなの」女子の悩みを男子にブツけたら新事実が発覚しちゃったよー!! 飲み会の「彼氏いるの?」は社交辞令っす!!

・確実に成功するスーパー作戦を実行せよ!! 彼タイプ別 狙い撃ち告白必勝法!!

・男が途切れない女のヒミツと男が途切れ続ける女のワケ

・シーン別 いつもと違う自分を魅せる!! “スキな人専用”ギャップヘア&メイク

など

【参考リンク】

PR TIMES -100万部突破の「S Cawaii!」ビューティムックから今度は恋愛&メイクのテクニック集発売『S Cawaii!特別編集 この先死ぬまで男に困らない恋愛とメイクの方法を教えます』-

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。