えっ、自転車ってバイクより高いの!? 意外と知らない自転車の世界

クルマやバイクはエンジンなど精密機械を搭載しているので、販売価格も高価になりがちです。

しかし、実はエンジンなどの機械を搭載していない自転車にもバイクと同様の高額で販売されていることをご存知でしょうか?

今回の記事では、身近な自転車の「そうなんだ!」という知られざる奥深い世界について解説いたします。

 

高額な自転車っていくらするの?

お金

私たちが普段街中で見かける自転車屋さんでは、ファミリー層向けの自転車や子供向けの自転車、はたまたお年寄りにも乗りやすい電動自転車など幅広いラインナップで展開されています。

 

街中にある自転車屋さんで販売されている自転車はおよそ10,000円から50,000円ほどの価格帯で販売されているものが大半なので「ちょっと高いなぁ」と思えるくらいで、決して買えない価格ではありません。

Ferrari(フェラーリ) FB2680A レッド 26インチ(フレンチバルブ) カーボンフレーム マウンテンバイク 前後ディスクブレーキ シマノDEORE搭載30段変速 Wサスペンション搭載 ワールドモデル 17138-0299

しかし、街中にある自転車屋さんでは取り扱っていないような高額自転車はエンジンが搭載されたバイクと同じような価格をするものがあり、たとえば自動車で有名なフェラーリが手がける自転車はなんと250,000円もするものがあります。

 

BEIOU 700C ロードシマノ105 自転車 580011Sレーシング 自転車 T800-M40カーボンファイバーエアロフレーム 超軽量 18.3lbs CB013A-2 (光沢のあるブラック&オレンジ, 560mm) [並行輸入品]

有名なメーカーが手がけていますから、ブランド価格と思われがちですがフェラーリだけでなく、一般人からしたら聞いたことのないメーカー(BEIOU)が手がける自転車も原付に近い価格で販売されているのです。

 

自転車本体だけでなくパーツも高い

自転車のパーツ

高額で販売されている自転車は、手がけたメーカーが技術の粋を集めて作っているから高いんでしょう?と思われがちですが、実は自転車のパーツ単体だけでも高額で取引されています。

 

SELLE SMP(セラSMP) ダイナミック サドル ブラック

たとえば自転車のパーツであるサドルにSelle SMPというものがあります。

自転車に疎い方にもざっくりお伝えすると自転車の座る部分のパーツのことで、サドルは一般的な家庭にある自転車でも取り外して別のサドルに取り替えが可能です。

一般人からすると「座るところを変えるだけでなにか変わるの?」と思ってしまいますが、一般的なサドルで自転車を運転すると、サドルが下腹部や血管に大きな負担をかけて長時間自転車に乗る人の苦痛が大きくなります。

 

Selle SMPは従来にはあまりなかったような形状のサドルを開発し、今まで発生していた体への負担を軽減させられるのです。ただしお値段は約2万円。

体への負担軽減と快適な乗り心地を実現したSelle SMPは技術や知恵が集まったパーツですから、高くなっても当然といえますよね。

 

バイクと高額な自転車ってなにがどう違うの?

バイクと自転車の比較表

高額な自転車があることがおわかりいただけたところで、問題はなぜ「自転車なのに高額になるのか」です。

バイクと高額な自転車の外形的なスペックを比較してみると、そこまで大した差はありません。

 

一般的に、高額な自転車とはロードバイクを指していることが多いのですが、ロードバイクとは舗装された道路などを高速走行するために開発された自転車です。

ロードバイクが高額になるのは、主に自転車自体が非常に軽いことがあげられます。

街中の自転車屋さんで販売されている自転車の重さは、平均でも18kgから20kg程度なのですが、ロードバイクに至ってはなんと7kg程度しかなく非常に軽いのです。

 

自転車が軽いとどういいの?

自転車

結論からお伝えすると、自転車の重さ自体が軽くなるとより早く走行できるメリットが生まれます。

自転車が軽くなるとなぜ早く走れるのかというと、たとえばあなたが2リットルのお茶を持って50m走ってくださいと言われた場合、なにも持たずに走った方が早く走破できますよね?

 

自転車にも同じことが言えて、重みのあるものを抱えて走行するとどうしてもタイヤや車体に負担が発生してしまい、スピードが出るまでに時間がかかってしまいます。

すると、高速走行を目的としているロードバイクですと、スピードが出ないと面白みがありませんから、パーツやフレームをいかに軽くするかが課題です。

 

自転車を軽くするためには、パーツの仕組みや素材の見直しなどをして極めていきますから、どうしてもロードバイクは高くなるのです。高額なロードバイクになればなるほどパーツにこだわっているものが多いですから、高額になるゆえんは自転車の軽さにあるといえます。

 

まとめ

街中を歩けば自転車を販売している業者を見かけますが、自転車とは思えない価格で販売されている自転車もあるのです。

バイクは機械の組み立てや技術が必要なので高額になるとイメージできますが、ロードバイクはパーツをこだわるため素人がパッと見ただけではわからない探究心がロードバイクの随所に詰まっているといえます。

 

特にロードバイクは速さを追い求めるので、一度ハマると抜け出せない楽しさがありますので、ぜひ一度ロードバイクに乗ってみてはいかがでしょうか。

 

参考 – Unsplash, イラストAC, 原田慧