世界のヘンテコ自転車7選!? これどうやって乗るの?

みなさんは、普段どんな自転車に乗っていますか?最近では自転車の種類も豊富で様々な用途や趣味に合わせて自転車を選ぶ事ができますね。

そんな中、世界にはヘンテコな自転車を紹介している人達がいます。今回は、世界のヘンテコ自転車を7選をご紹介したいと思います。

 

ドイツ発のヘンテコ代表、HALBRAD HALFBIKE

一見、一輪車に乗っているような雰囲気です。運転をするのが少々難しいような感じがするのですが、どうなのでしょうか。段差も簡単に乗り越えられ、見た目以上にコーナリングがスムーズで、小回りがきく感じがしますね。

動画を見ているうちに「HALBRAD HALFBIKE」がちょっとかっこよく見えてきちゃいました。重さは約9キロですので、持ち運びも楽ちんですね。

 

しかし残念ながら、日本の道路では走行する事ができません

 

横向きに乗る自転車!? SNOWBOARD BIKE

素敵なお父さんが颯爽と乗っているのが「SNOWBOARD BIKE」です。その名の通り、スノーボードのような横乗り形状の自転車。

 

右手にブレーキがついているようですが、急ブレーキをかけたら横滑りしてしまいそうな自転車です。わざわざ横乗りにしなくても…… という気もしないでもありませんが、斬新で面白いですよね!

海辺でのお父さんもキマってます!

 

漕ぎ方が独特なTHE BIONIC RUNNER

オーストラリアからランニングをしているような、ランニングマシンのような自転車が登場。ランニングをするように、自転車に乗りペダルをこぐと進む自転車です。

 

ランニングシューズを履いて、舗装された道を走るよりも「THEBIONICRUNNER」の方が疲労度が軽いそうです。ブレーキはディスクブレーキで制動性もバツグン!折り畳みもできるので、持ち運びにも便利です。

 

空飛ぶ自転車、PARAVELO FLYING

この自転車は、ヘンテコ自転車というよりはビックリ自転車。イギリスから世界初の空飛ぶ自転車です。

強力なファンを搭載し、パラシュートのような翼を広げ大空を飛んでしまうというブッ飛んだ自転車。しかも地上1200メートルまで飛べるというから驚きです。

 

日本での飛行はなかなか難しいと思いますが、こんな夢のような自転車にいつか乗ってみたいものですね!

 

手でも漕げる!? THE TWICYCLE

前後輪が駆動する「THE TWICYCLE」は足だけでなく、手でも漕げる自転車です。上半身を鍛えるトレーニングができます。

しかし、かなり前傾姿勢で乗車しているので顔の部分が前輪のスプロケットの近くにきてしまいそうですが、泥ハネなどは大丈夫なのかな?なんて思ってしまいました。

 

ちょっと疲れて顔を下げたら、回転しているスプロケットに当たってケガをしてしまうなんて事もあるかもしれませんね。

 

位置エネルギーこそ正義、STREET FLYER

ペダルもサドルも無い自転車「STREET FLYER」はおそらく今回の記事で一番乗り方が想像できない自転車なのではないでしょうか。

自転車のボディ部分に胴体を吊り下げるような形にし、前輪部分についたハンドルを手で握ります。足は後輪部分に乗せるような形になるので、ペダルはついていません。

 

重力で動く自転車という事になるのでしょうか。残念ながら坂道を下る事はできても、上る事はできません

そして、漕ぎだしは誰かに押してもらわないと進む事ができないようです。また、一見空を飛んでいるような姿勢ですが、STREET FLYERは空を飛ぶ事はありません。

 

スポークなんていらねえ!LUNARTIC HUBLESS

小さな前輪と、大きな後輪。かなり斬新なデザインが印象的な「LUNARTIC HUBLESS」は操作性と機動性に優れていて、チェーンではなくベルトを使う事によりメンテナンスもより簡単になっています。

 

バイクや自転車のSFチックなコンセプトによく見られるスポークレスデザインを実現させたキワモノです。デザインが洗練されればアリかも、と少し思いました!

 

最後に

世界のヘンテコ自転車はいかがだったでしょうか。乗ってみたいなと思う自転車から、ちょっとこれは…… と思う自転車まで7選を紹介しました。

夢のような自転車に、みんなが乗れるような時代になるといいですね。

jaychay

jaychay

トップガンに憧れてニンジャに乗ってしまったバイク女子。現在はバイク育児休暇中の2児のママです。女子目線からバイクの魅力を発信していきたいです!