【初心者】ロードバイクとマウンテンバイクはどちらを購入すべきか

ロードバイクとマウンテンバイクのどちらを購入するべきか、もちろん欲しいタイプのバイクを選ぶのがベストです。しかし、それぞれのバイクの特長・短所を理解した上で欲しいタイプを選ぶことが、最も重要になります。ロードバイクとマウンテンバイクそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

舗装路を速く走るならロードバイク

https://unsplash.com/photos/rumn3j2jTa4

とにかく舗装路を高速度域で走行したい、峠を攻めたい『弱虫ペダル』を読んで自転車に乗りたくなりました、という方にはロードバイクを購入するべきです。

軽い車体重量、頑丈なアルミ or カーボンフレームトップチューブなどから生まれるスポーティーな見た目細いタイヤ幅などが特長(徴)として挙げられます。

 

https://unsplash.com/photos/v0TfIt-S6-o

基本的にサイドスタンドが付いていません、つまり街乗りで使用する場合には壁に立て掛けるか、後付けでスタンドを装着する必要があります。この通り、クロスバイクにあるような街中での使い勝手はほぼ考慮されていませんが、スポーツサイクルとしての絶対的な存在感はこのようなところにあるとも言えるでしょう。

 

また、タイヤ幅は自転車の中ではとても細い部類になりますので、パンクする可能性は自転車の中ではトップクラスです。しかし、多少値は張りますが耐パンク性の高いチューブやタイヤも用意されていますので、パンクが不安な方はそちらをチョイスするといいでしょう。走破性は決して高いと言えないロードバイクは、走る場所(路面)を選びながら乗る事が必然になります。

 

グラベル走行を楽しむならマウンテンバイク

https://unsplash.com/photos/9TNGeodpVEA

いろんな路面を自転車で走りたい、路面コンディションの悪い林道を攻めたい、サスペンションがなければ自転車じゃない、川沿いで遊びたい街乗りでも使いたいと考えている方にはマウンテンバイクがオススメです。

 

https://unsplash.com/photos/US06QF_sxu8

ロードバイクほど重量が軽いわけではありませんが、太いタイヤ幅やサスペンションそしてブロックタイヤでグラベル道での優れた走破性を発揮します。

こちらもロードバイクと同様にスタンドが取り付けられていないものが多いです。スタンドの観点からすると、街乗りでの扱いにくさはロードバイクと同じくらいですが、何と言っても余程のことがないとパンクしない太いタイヤサスペンション快適に街中を走ることができるでしょう。

 

ルックス的にロードバイクよりもマウンテンバイクのほうが好き、グラベルだけじゃなく街乗りでも快適に乗りたい方であれば、センターリッジタイヤやセミスリックタイヤを履かせて乗る方法もアリです。

なお、マウンテンバイクで林道を攻める場合にはヘルメットだけでなくネックブレースも装着しましょう。

 

基本的に高価なため盗難対策を徹底しよう

世界的に有名なグローバルメーカーのロードバイクやマウンテンバイクを購入する場合、安いモデルで5万円ほどとなっていて、自転車としては高価です(スポーツサイクルとしては安い部類)。そのため盗難に遭うケースも高くなっています。複数の鍵を取り付けたりできるだけ室内保存するなど、管理方法を徹底しましょう。

 

目的にあった自転車選びを

https://unsplash.com/photos/8Vg1VWG25aM

ロードバイクとマウンテンバイクのどちらを購入すべきかというテーマでそれぞれの特徴を紹介しました。同じスポーツサイクルでも方向性が異なりますので、自身が望む使い方に適しているほうを検討されることをお勧めします。

ジョン スミス

ジョン スミス

XLR 250 BAJAで腕磨いてます。デミオでラリーに参戦中、目指せフル参戦。好きなバイクメーカーはイタリアのMV AGUSTA。