最強のケーニグセグ「レゲーラKNC」がお披露目!これ誰が買うねん…

スウェーデンの怪物メーカーであるケーニグセグは去年新モデル「レゲーラ」を80台限定販売し、1台につきなんと2億円という価格設定にもかかわらず一瞬で完売させて見せました。

そんな彼らが何を思いついたのか、「塗装されてないカーボンむき出しのやつを作ろう」と言って練り練り手作業していた作品がようやく完成し、お披露目になりました。今日はそちらをご紹介していきます。

 

すっぽんぽんのカーボン!これぞ「KNC」!

KNC」とは「ケーニグセグ・ネイキッド・カーボン」の略称で、つまるところ裸のカーボンむき出しという意味です。

カーボンファイバーで成形する際に、エポキシ樹脂を表面に塗装して成形窯で焼くのですが、つまり出来上がりはつるつるの樹脂が覆っているカーボンファイバー になってしまいます。ケーニグセグはなんと、この表面に張ったエポキシ樹脂を慎重に削り、その下の織目模様をなすカーボンファイバーを手作業で露出させようとしたのです。

 

一回でも下のカーボンファイバーに傷をつけてしまったらそのパーツが丸々おじゃんになってしまいますから、どれほど神経の磨り減る作業か想像できると思います。

 

カーボンファイバーむき出しって大丈夫なの?

果たして保護塗装のないエクステリアというのはその後の腐食くすみなど大丈夫なのか心配になりますが、どうやらテスト済みで何の問題もないそうです。また、そもそもエポキシ樹脂よりカーボンファイバーの方が強いので傷ももとよりつきにくい…… そうです。そうは言われていますが、せっかく買ったレゲーラKNCを「じゃあ試しに傷つけてみようか」なんてしたくもないから確かめようもないんですけどね。

 

また、表面に出た織目模様を視覚だけでなく触覚でも楽しめるほか、熱伝導性が高いため触れた時のひんやり感がシャープで癖になるそうです。

実は市販された普通のレゲーラ(レゲーラである時点ですでに普通じゃないかもしれませんが)よりも20㎏ほど軽いらしく、おそらく省いた塗装分なのではないかと言われています。

 

塗装だけで20㎏も増えるんですね、驚きでした!こちらのレゲーラKNCは価格は発表されてはいませんが、購入を検討なさる方はこちらから本社にコンタクトが取れますのでご参考ください!