冬まであと3ヶ月!南極でもポカポカ過ごせるNASA由来のジャケットで極寒に備えよ

OROS エンデバージャケット

ここ数年、記録的な暖冬が続いていますが、それでもバイカーは体を晒して走らなければならない以上、身を切るような寒さを感じることもしばしば。とはいえジャケットの下に色々着込むとやぼったいし、なにより動きづらい。かといって機能性インナーだけだと心もとないし……。

 

そんなお悩みもたった一枚着るだけで解決しそうです。-30℃を切るような南極でも快適に過ごせちゃうジャケットがクラウドファンディングサイトMakuakeに登場しています。

 

NASA譲りの防寒性を誇る薄型ジャケット

OROS エンデバージャケット

それがOROSのエンデバージャケット。とんでもない防寒性の秘密はわずか3mmの内蔵生地にあります。なんとNASAが宇宙服に使う断熱材を応用したもので、-229℃の冷気にされされても、ウェア内部の温度は31℃が保てていることが実験で証明されています。

 

OROS エンデバージャケット

なによりNASAで使われていたゲル状の素材を特殊加工して生地にしているため、柔軟性もバツグン。体の動きを阻害することがないですから、ライディングはもちろん、スキーやスノーボードといったウインタースポーツにも最適です。

 

OROS エンデバージャケット

見た目もスタイリッシュなアウトドアウェアなので、コレ一枚もってるだけで冬場はどこでも快適に過ごせそう。

 

OROS エンデバージャケット

ちなみにこれだけ防寒性に富んでいると内側に熱がこもりすぎないか気になるところ。そのあたりもエンデバージャケットはきちんと考えられています。透湿性も確保されており、通気性抜群。激しく運動してもムレすぎず、室内でも快適に過ごせるんです。

 

防水性能も2万mmと高級レインウェア並。豪雨にさらされても、スキー場で雪に降られても、そうそう水分が内側に浸透してくることはありません。

水がツルツルとウェアの表面を流れ落ちていくこともあり、ケチャップやマスタードのような粘土の高い液体をジャケットにつけてしまっても心配無用。さっと洗い流せてしまうのでお手入れもカンタンです。

 

もう寝袋は不要!キャンプにも最適

OROS エンデバージャケット

エンデバージャケットはキャンプにも使える機能が盛りだくさん。表面が難燃性素材のため、火の粉にも強い仕様となっているんです。もう穴が開かないか心配する必要はありません。焚き火にあたりながら夜の雰囲気を安心して楽しめます。

 

OROS エンデバージャケット

さらに別途ラインアップされている同素材のエンデバーパンツと合わせれば、高い防寒性を活かすことができて寝袋が不要なほどポカポカに。”着る寝袋”的な使い方だってOKです。

 

OROS エンデバージャケット

外側3、内側2の計5カ所の大容量ポケットをフル活用すれば、こんなにたくさんのものが収納可能。スマホどころか、タブレットまで持ち運べるので、手ぶらで森を散策しながら、疲れたら腰掛けて音楽や動画を再生しながら自分だけの時間を楽しむなんて贅沢もできそうです。

 

これだけ機能的だと、洗濯方法もさぞ難しいのではと心配になってきます。ところが驚くことにエンデバージャケットはクリーニング不可。しかも洗濯機だけでなく、乾燥機の使用すらOKなんです。しかもその熱が撥水性を取り戻すのに役立つというから、よく考えられています。NASA由来の技術は伊達じゃない!

 

OROS エンデバージャケット

現在のところMakuakeでは10%OFFの5万3,790円から購入受付を開始しています。配送予定は2020年11月とのことなので、今から冬に備えておくにはちょうどいいかも?

たった3ミリの素材で-40℃まで対応!NASA技術で進化!エンデバージャケット

クラウドファンディング

石川 順一

石川 順一

理学の博士号をとったものの、趣味が高じてライター稼業に流れてきた変人。やっぱりクルマとバイクにはロマンがあるよね。