意外とすごいぞ!? Arc’teryxのおすすめウェア・グッズ6選!

ずーっと気になってたんですよ、カナダの有名アウトドアブランド「Arc’teryx」。お値段はちょっと高いから気軽に買うわけにはいかないけど、でもかっこいいしファンも多いから気になる…… てかそもそもどんな商品を扱ってるんだろう?何がいいんだろう?

漠然と気になりつつも、わざわざ調べるには至りませんよね。今日はそんなアナタに、サクッと軽めに「Arc’teryx」ってこんな商品があって、こんな特徴があるんですよ、というご紹介をしていこうと思います。

 

そもそも「Arc’teryx」は何者?

日本語読みで「アークテリクス」というこの会社はカナダのノースバンクーバーにて設立されたアウトドア向け繊維製品メーカー。ちなみに社名は始祖鳥の学名「Archaeopteryx」に由来しています。

アウトドアの中でも特に寒さが課題となるアルピノ系の製品開発をしており、衣類の他にもシューズやベルトなど周辺グッズも販売しています。ゴアテックスのライセンスを持っていることもあり、非常にハイテクな繊維製品を売り出しています。

中でも代表的な、もしくは便利、お買い得なものをこれからご紹介していきます。

 

ZETA ARジャケット

アークテリクスの得意分野であるゴアテックスをふんだんに利用したジャケット。3層ものゴアテックス素材に加え、裏地にはゴアC⁻ニットという汗をしっかり逃がすことが得意な素材をあてがうことにより、機能性快適性がバツグンに良くなりました。

体にフィットするきれいなラインと、シームレスなかっこいいデザインがとってもいいですね!シャカシャカ音もしませんし、非常に軽くて折り畳みもでき取るということにも注目できます。

こちらの素晴らしい商品ZETA ARジャケットはメーカー小売り希望価格64,800円です。ご購入はこちらから!

 

モータス クルーネックシャツSS

もちろんジャケットだけではございません。トラックウェアなどの内側に着るものもしっかりと揃えています。

こちらのシャツにはフェイジックFL複合繊維を採用しており、人間工学の研究とも相まって素晴らしいフィット感を体験させてくれます。

プリントされた反射ブレードは非常に見やすく、夜中に出歩く分には全く問題なさそうですね!価格は8,100円から、こちらでお買い求めできます!

 

フィックス13 メッセンジャーバッグ

このバッグめちゃめちゃ便利なんですよ!軽くて防水で、便利ポケットがいっぱいあって普段使いにおいて最強のメッセンジャーバッグです。

ノートPCやスマホ用のスリーブがあったり、財布や貴重品用のセキュリティーポケット、クイックアクセスのできる隠しポケットなど「そういえばこんな機能欲しかったんだよね」というものがてんこ盛りです。

 

素材にはAC2という耐水性に優れた生地を使用しているため、どんな天候にも対応できるまさに万能バッグ。お値段もお手頃で、19,440円からお買い求めできます!詳細はこちらから!

 

Veilanceウォレット

最近キックスターターやクラウドファンディングで流行りがちなミニマリスト財布(マネークリップやカードケースなど)ですが、どうやらアークテリクスもその流れに乗り遅れずに商品開発をしていたようです。

さまざまな用途に合わせた革製のカードケース、紙幣入れ、パスポート入れなどの「Veilanceシリーズ」です!

 

 

素材には耐水性の超剛性レザーを使用しており、見た目以上に寿命が長いそうです。それぞれのタイプごとに値段が変わり、代表的な二つ折りの財布のお値段は57,800円だそうです!

 

コンベヤーベルト

ガチャガチャ動く便利機能よりも、シンプルな剛性を重視したアークテリクスのベルト。金属のバックルと、ヘタらない樹脂製のエンドピースで普通のベルトの何倍もの寿命を誇ります。

どうせなら全身アークテリクスで揃えたい!というファンに大人気だそうです。お値段は4,536円から!

 

ボラスクエアミッド ゴアテックス ハイキングブーツ

見るからに便利そうなブーツですね。こちらのゴアテックスハイキングブーツは伸縮性耐久性防水性通気性などのあらゆる面で優れており、特に険しい山岳環境でも丈夫に機能する万能ブーツです。

 

中のメッシュライナーは交換可能で、万が一ハイキングで泥まみれになってしまったとしてもすぐ交換することで、短時間でのリフレッシュができるんです!汚れてしまったブーツって普通は洗って干して、って色々面倒なんですけど、これなら大丈夫そうですね!

 

足首サポーターのないシューズ型もありますので、用途に合わせて購入検討できますね!価格は45,360円と少々ハイプライスですが、その価値が十分にある靴だと思いました!

 

いかがだったでしょうか。なかなか知らないブランドを選択肢として開拓する勇気・暇がない方は、ぜひこの時期を参考にしてみてください!ファンが多いということには必ず意味がありますから、知らないままでいるなんてもったいないですよね!

以上、「アークテリクス」のご紹介でした!

 

参考-HICONSUMPTION