ドゥカティのNEW電動マウンテンバイクが登場!日本製のドライブユニット使用!

ドゥカティファンの方ならご存じのはずの電動自転車部門Ducati-BicyclesがWEBサイトにて新たな刺客を発表しましたので、今日はそちらについてお知らせしていきます。

 

猛々しいデザインの背景とは

現在開催中のEICMA2018にて公開のドゥカティ製の新型電動マウンテンバイク「MIG-RR」、非常に流麗かつ猛々しい「ビースト」チックなデザインですね。

 

こちらのデザイン、コラボ元のThok E-BikesのMIGシリーズからはあまり離れない程度に、しかしドゥカティの意匠をあざとく盛り込んでいます。

前後で口径の違うホイールとカシマコートの施されたゴールドのサスペンションは、まるでドゥカティ・モンスターのような豪胆さを演出していますね。

 

実は日本の技術もてんこ盛り!

使用しているドライブユニットとブレーキは株式会社シマノの「SHIMANO STEPS」、稼働パーツの表面処理はミヤキの「カシマコート」が使用されています。電動スポーツバイクにおいてのシマノのシェアはとんでもないですね……

 

気になるお値段の方は…?

こちらの「MIG-RR」、2019年1月から注文できるそうですが、お値段はなんと6,250ユーロ(81万円)です!

 

今までの有名な高級モデルの相場例が「TT EVO 2018」で4,250ユーロ(55万円)でしたが、これを軽く超える価格ですね……

なかなか食指が動きつつも届かない商品ですね。日本での市場は限定的になりそうです。

 

参考-DUCATI
ZANGE

ZANGE

海外で起きている様々な乗り物系ニュースを、日本の方にわかりやすく噛み砕いてお届けします。 好きな映画は「ダンケルク」「フューリー」「007シリーズ(ダニエル・クレイグ以降)」です。