コレは可愛いだろ!ラリーカー仕様のVW「ビートル」の電動RCカーが欲しいぞ!

VW「ビートル」って不思議なクルマの代表ではないでしょうか?オリジナリティにコダワるマニアも居れば、そのユニークなエクステリアとシンプルな車体構成を生かしたカスタムベースとしても楽しまれています。

もちろんノーマルのまま、ヤレて行くに任せて長く乗り続けられる個体も少なくありません。

 

そんな様々な楽しみ方を受け入れる懐の深さが魅力の「ビートル」。その軽量な車体と充分な低速トルクを生かして、ご覧のようにオフロードだって走れてしまうのはご存知の通り。

写真はVW of Americaがスポンサードしている”バハ1,000″のレーサーです。

 

タミヤの電動RCでビートルを楽しむ!

さて、今回ご紹介するのは実車の「ビートル」ではなく、タミヤの電動RC。知っている人にとっては当たり前の話ですが、タミヤの電動RCは世界的な人気商品となっています。

 

イギリス人のタミヤ愛が半端ない!トヨタUKが80年代のラジコンのレプリカを実車で製作!

当サイトでは過去に、タミヤ愛があまって実車でRCレプリカを製作してしまったトヨタUKのお話を記事にしていますね。

今回ご紹介するのは、「電動RCカーシリーズ No.650 1/10RC フォルクスワーゲン ビートル ラリー(MF-01Xシャーシ)」。1950年代~80年代前半にかけて世界中のラリーで活躍した「ビートル」をイメージして仕上げた電動RCカーの組み立てキットです。

ボディは軽量でショックに強いポリカーボネート製。個性的なフォルムを実感たっぷりにモデル化し、前後バンパーやドアミラーはメッキパーツで再現。ラリームードを高めるライトポッドやステッカーもセットしました。実感ボディでダート走行が楽しい1台です。

 

シャーシはオンロードからダートまで路面を選ばず走りが楽しめるコンパクトサイズの4WD、MF-01 Xを採用しています。スリムなモノコックタイプフレーム。3分割構成のメインフレームは、3種のホイールベースが選択可能です。

 

リヤエンドにモーターを搭載し、ギヤで後輪に、プロペラシャフトで前輪にパワーを伝達します。前後の密閉式ギヤケース内にはデフギヤを装備してスムーズなコーナリングを実現。さらに車体のほぼ中央に走行用バッテリーをセットしますので、重量バランスも良好となっています。

 

サスペンションはフリクションダンパーを装着したダブルウィッシュボーン4輪独立!

 

ダート路面でも十分なグリップを発揮するラリーブロックタイヤを装備しています。

 

いかがでしたでしょうか?タミヤの電動RCカーシリーズに加わった「ビートル」。既に発売が開始されており、車両本体価格(消費税込み)は1万4,904円(別途、ファインスペック2.4G電動RCドライブセット / 送信機用単3形電池4本)が必要。

この「バハ1,000 レーサー」のように、オフロード走行も楽しめる本モデル。魅力的だと思うのは筆者だけではないはずです!

 

基本スペック

  • 全長397mm、全幅163mm、全高151mm
  • ホイールベース=239mm(Lサイズ)
  • 車体重量約1100g(RCメカ・バッテリー含まず)
  • タイヤ幅/径=前後とも26/60mm
  • トレッド=前後とも138mm
  • フレーム=モノコックタイプ
  • 駆動方式=シャフトドライブ4WD
  • デフギヤ=3ベベルタイプ
  • ステアリング=2分割タイロッド式
  • サスペンション=ダブルウィッシュボーン4輪独立
  • ダンパー=前後ともフリクション
  • ギヤ比=9.5:1
  • 540タイプモーター付き
  • スピードコントローラー=ESC仕様(別売)

 

参考-タミヤVW of America
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。