【ツーリングのお役立ち情報!】緊急時に役立つおすすめの安心グッズ!

前回の「キャンプツーリングに役立つ基礎知識&あると便利なグッズはこれだ!」では主にキャンプ飯での小技を展開しましたが、今回はツーリングで持っていると安心できるグッズのご紹介です。

 

常備していると緊急時に役立つ便利グッズ

まずはKemeko マイクロバックパック&エイドキット(780円/税別)

これには持っていれば意外と便利なものが入っているのです!

 

3種類の絆創膏と消毒用アルコールシート、そして常に持ち歩くことで安心がプラスされるゼリー状瞬間接着剤が入っています。なお、絆創膏と消毒綿は使える国産を使用、瞬間接着剤は使い捨てではありません。

 

「ツーリングで瞬間接着剤なんて使うかね?」とお思いでしょうが、先日使用する機会が訪れました……

高速道路でミラーが風にあおられて傾いてしまうのです。

 

ネジを締めても既にネジ山がダメになっているようで無駄でした。下道では何も問題なかったのですが、100キロ出すと風でへこたれて、後が見えなくて非常に危険!

 

高速道路を下りるわけにもいかず困っていたのですが「あ、瞬間接着剤あるじゃん!」と。

現地まで到達出来ればよかったので、瞬着で固定して乗り切ることにしました。

 

持つべきものは備えでしょう!絆創膏とかは日常生活でも活用するので、今では常に携帯しています。

日常生活でも不意なアクセの破損、着衣や靴の破損、靴擦れ、子供のちょっとした怪我等々、男女限らず持っていれば役立ちます。鞄や財布に入れておくのも一つの方法ですが、イザというときに見つからなかったり遣れて使い物にならなく可能性も……

マイクロリュックは他小物も収納可能なサイズ、紛失しやすいボルトやナット、ワッシャ等の保管、更にエマージェンシーバーも収納可能です。

商品詳細ページはこちら

 

レバー類が折れた時はコレで緊急対応!

そして同じく同社製から、Kemeko エマージェンシーレバー&ペダルキット(2580円/税別)もバイク乗りなら持ってて安心のグッズです。

転倒でクラッチレバーやブレーキレバー、チェンジペダルやブレーキペダルが折れてしまった場合にも緊急対応が可能。走行ができる可能性が飛躍的に上がります。

 

レバーが折れた時にはこのようにして、本体バーに付属のホースバンドで添えることで再び走行が可能になる。

 

チェンジ先端部やレバーが折れてしまった場合はこのようにすればOKです。

車種によってペダルの形状や厚みなどが違うため、自分の車種に合わせたホースバンドを用意しておけば完璧です。

 

このような小袋に入っていてとても携帯性も高い。車載の工具入れに放り込んでおけば安心できるでしょう。

商品詳細ページはこちら

 

ツーリングでの暑さ対策にはコレ!

夏のツーリングってとても熱い。ツーリング先や休憩ポイントで涼むにはうちわが最適。エコだし。

写真のようなコダワリのうちわならジギーファンに声もかけられること間違いなし!

 

「ジギーのうちわはちょっと…」という人はコンパクトに持ち運べる扇子でしょう。バイク乗りの夏も涼やかにしてくれますよ!

 

参考-ファインバレイ
NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。