電動キックボード「ウナギ」!なお開発者に日本人はいません!

この間ご紹介しました「ジョイー」を覚えてますでしょうか?

電動キックボード…ってもはやキックしないじゃん!?

あれ以来個人的にすっかり電動キックボードにハマってしまい、ちょくちょく調べていたところ面白い商品にリーチしたので皆さまにシェアしていこうと思います。

 

新商品「ウナギ」、ロゴもちゃんとウナギ!?

こちらの電動キックボード(もうキックしないかもしれませんけど)の名前は「Unagi」と言って、ロゴもしっかりウナギの横顔です。しかし、それなのになぜか開発者陣営に日本人の名前が一切ないんです!一体なぜこのようなネーミングにしたのか、残念ながらホームページでも言及されていませんでした。

 

この商品は「オフラインで顔を合わせる」という人と人とのつながりを大事にするコンセプトの下で作られた新モビリティで、今後Uberのキックボードレンタルサービス の一部にも組み込まれるような動きもあります。

 

商品の詳細紹介

どちらかというとビジュアル重視なこちらの商品、実はそこそこに良いとこどりをしまくっているようです。アルミとカーボンファイバーで統一された流麗なボディデザインだけでなく、使用しているバッテリーなども非常に魅力的です。

LG製のバッテリーを搭載し、「E250」モデルは前輪駆動で250Wの出力、「E450」モデルは前輪200W、後輪250Wとキックボードにしてはかなりパワフルなスペックになっています。

 

最高速度は時速24㎞で、4~5時間の充電でおよそ25㎞ほど走行できるそうです。ブレーキにはABS機能が搭載され、LEDヘッドライトやハンドルモニターなども備えているそうです。

 

肝心の販売事情は?

こちらの「Unagi」はすでにキックスターターで購入でき、2019年の2月からシッピングを開始するそうです。お値段は623USドル(6.9万円)と非常に買い求めやすい価格に収まり、「ジョイー」よりもお買い得ですね。正直こっちのほうがかっこいいかもしれません。

 

通勤やちょっとした買い物の時に、たらたら歩くのがだるいと思っている方(主に筆者ですが)には垂涎ものですね!日本で充電する際には電圧など少々気を付ける必要がありそうですが、おおむね問題はなさそうです!

これからも海外のガジェットニュースなどをお届けしてまいりますので、皆さまStay tuned!

 

参考-NEW ATLAST
ZANGE

ZANGE

海外で起きている様々な乗り物系ニュースを、日本の方にわかりやすく噛み砕いてお届けします。 好きな映画は「ダンケルク」「フューリー」「007シリーズ(ダニエル・クレイグ以降)」です。