ボトルワインを一杯だけ…。コルクを抜かずにワインを飲む方法!

「どうしても一杯だけ飲みたい」「熟成具合を確かめたい」「でもコルク開けたら酸化しちゃう…」

そんなあなたに朗報です、コルクを抜かずにワインが飲めちゃうグッズがあるんです!

 

コルクに針をぶっ刺す!ワイン用品「Coravin」

うっそだろ、針ぶっ刺してチューチュー吸うの…?いいえ、ご心配なく。

 

こちらのコルクを抜かずにワインを注げるアイテム「Coravin」はとっても細いチューブ針でコルクに穴をあけますが、あまりにも穴が小さすぎるので天然コルクが勝手にまた穴をふさいでくれるんです。

 

どういう原理?

Coravinのニードルをコルクに刺して頭のスイッチを引くと不活性ガス(窒素ガス)がボトル内に流れ込み、中のワインをニードルを通して押し出してくれます。

 

不活性ガスなのでワインは酸化する心配もなく、必要なだけグラスに注ぐことができるんです。

このおかげで一本のボトルを長い時間をかけて何回も飲んだり、赤と白を一杯ずつ飲む、なんてこともできるようになります!

 

気になるお値段

こちらのCoravin、最新型はメーカー小売り希望価格70,200円から。カラーによってはもう少し上乗せされます。

 

少し高い価格と思われがちですが、ボトルを4本管理できる業務用の不酸化サーバーが100万円であるのを考えると、だいぶお手頃価格といえるのではないでしょうか。

 

ワイン好きの方には非常におすすめのガジェットです。とても珍しいアイテムなので友人や同僚に披露したら大人気間違いなしですね!

 

参考-Coravin
ZANGE

ZANGE

海外で起きている様々な乗り物系ニュースを、日本の方にわかりやすく噛み砕いてお届けします。 好きな映画は「ダンケルク」「フューリー」「007シリーズ(ダニエル・クレイグ以降)」です。