2025年に2兆円規模!最新の「SmartDrive Cars」コネクテッドサービスに期待!

これからの時代を反映する最新のIotデバイスを新車に搭載するという新しいサービス。コネクテッドカーサービスとして「SmartDrive Cars」の受付が今月から開始になりました。

これまでに約2万台にもなる車のデータを収集と解析を行い、運転スキルの診断や車両を効率的に管理するシステムを提供してきた株式会社スマートドライブ。

 

日本でも需要拡大を見込むコネクテッドサービス

ちゃんとクルマに乗る人がちゃんと得をするをコンセプトに、先行して東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県で運用となります。

コネクテッドカーは、インターネットに接続できる機能を搭載した自動車。矢野経済研究所の調べによると2016年現在の時点での市場規模は、関連する市場を含めて3980億円とされ、2025年には2兆円となる見込み。

スマートドライブには、「DriveOn」と「DriveOps」の機能があり、アプリと連携することで運転を診断する機能、法人の営業や運送車両などに必要なクラウド管理などを行うことが可能になります。

個人や会社を問わず利用できるサービスで、安全運転をすることによってSmartDriveポイントを貯めることができる機能、契約情報や走行距離、車検、メンテナンスのスケジュールなど、クルマに関する情報をいつでもスマホから閲覧できるメニューがあります。

 

「SmartDrive Cars」のコストや気になる車種は?

対象となるのは、N-BOXやプリウス、CX-5、C- HRなどのSUVなど安全機能やより環境性に配慮された車種。契約期間は最短で1年から可能になり、その人のライフスタイルや仕事に合わせて車種や期間を選べるシステムです。

例えばNISSAN NOTO e-POWERを5年リースで利用した場合、月額40,000円。サービスを使用したことのないユーザーにとっては、高いと感じる価格設定となりますが、このサービスのなかに、カーナビやETC、メンテナンス、車検、各種自動車税、自賠責保険などがすべて入っている安心パッケージ。毎月定額で利用でき、安全運転をしたことでポイントが貯まるため、場合によってはサービスを安く利用できる可能性もあります。

またサービスの開始にともない、先行ユーザープログラムを実施。2018年6月30日までに契約し、インタビューや座談会などのサービス向上に協力すると、最大20,000円相当のSmartDriveポイントが還元。貯まったポイントは、Amazonのギフト券やWAONのポイントなどに交換することができます。

今後の動向としてサービスの開始にともない、一般や法人のユーザーからのフィードバックを行い、さらに新しい形のカーライフを提案していくという方針。コネクテッドカーの普及と経済的なクルマの利用を促進させていくことがねらいとなります。

 

株式会社スマートドライブでは、法人向けのクラウド車両管理サービス「DriveOps」や4月からコンシューマー向けに運用される「SmartDriveCars」サービスを提供し、車×Iotメディア「SmartDrive Magazine」の運営も行われています。

自動運転の技術によって安全性の向上や走行の管理、人やモノ、サービスがつながるシステムなど、コネクテッドカーに期待されるニーズはますます高くなり、自動車業界だけでなく幅広い分野での事業展開に向けてさらに注目が集まりそうです。

 

参考-株式会社スマートドライブ
smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。