KTMのミドルクラスアドベンチャーが790から890に進化。700台限定モデルもアリ!

KTM 890アドベンチャーRラリー

オフロードの雄、KTMから新型アドベンチャーモデルが発表されました。その名も「890アドベンチャーR」。これまでラインアップされていたミドルクラス「790アドベンチャー」の後継で、ベースの設計はほぼ保ちつつも排気量を90ccアップ。その分パフォーマンスも向上しています。早速、その進化ぶりを見ていきましょう。

 

890の名は伊達じゃないパワーアップ

KTM 890アドベンチャーR

やはり特筆すべきはエンジン。「890」の名が示す通り排気量は889ccで、最大出力は95hpから105hpまで向上しています。最大トルクは88N・mから100N・mと大幅なアップ。

こうなるとその分車重が増加していそうですが、そのあたりも抜かりありません。フレームは前モデル790ベースながら、ステアリングの付け根をアルミ製に変更し、リアのサブフレームも軽量化。189kgから196kgと、たったの7kgアップに抑えられています。「片手用の小さなダンベル2つを馬10頭が引いてる」ほどと考えれば、そのパワーアップぶりがうかがえます。

 

KTM 890アドベンチャーR

1本指でも十分レバーが引けるほど、軽量なクラッチも強化ポイントの一つ。フリクションの少ないミッションも相まって、素早いシフトワークが実現できます。

 

KTM 890アドベンチャーR

足回りには、MotoGPやエンデューロでおなじみのWP製 前後サスを装備するところは前モデルと一緒。それでも、レースのフィードバックを受けた最新版のセッティングが採用されており、よりバイカーの求める理想のパフォーマンスへと近づいています。

 

最近の大型バイクでは当たり前の各種電子制御もさらに充実しています。車体の傾斜に合わせて最適な介入を行うコーナリングABSやトラクションコントロールのほか、ライディングモードももちろん完備。こちらには、オプションで乗り手のスキルや路面の状態に合わせて自由に設定を変更できる「ラリーモード」まで用意されています。

 

上級モデル「ラリー」はさらにスパルタン

KTM 890アドベンチャーR

世界限定700台の上級モデル「890アドベンチャーRラリー」も用意されています。カーボンのタンクプロテクターに、ウイングレットの追加で見た目がさらにレーシー。

より細身な形状のシートに広めのフットペグ、サスペンションに至ってはWP社の誇る最高のパフォーマンスパーツ、エクスプローラープロを標準で装備とさらにオフロードでの走破性が向上。「ラリーモード」だって標準搭載。アップとダウンに両対応したクイックシフターもついているので、さらなるシフトのスコスコ感だって楽しめます

 

とても魅力的な890ですが、現状では発売日も価格も未定。ベースグレードとなる890アドベンチャーの情報も公開されていませんし、これからの動向が気になります。2020年11月1日から予約開始とのことなので、詳細が明らかになる日も近いかも。秋冬を代表する注目の一台となりそうです。

KTM(EN)

公式サイト

石川 順一

石川 順一

理学の博士号をとったものの、趣味が高じてライター稼業に流れてきた変人。やっぱりクルマとバイクにはロマンがあるよね。