ボロッボロのエア・ジョーダンを完全レストア!劇的ビフォーアフターすぎるでしょw

今やとんでもないプレミア価格がつくスニーカーシリーズ「エア・ジョーダン」ですが、どうやら世の中にはこれをボロボロに履きつぶした挙句、ひどい保存状態のまま放置する輩もいるそうで……

悲しいくらいボロボロになってしまったエア・ジョーダン「1レトロハイOGブレッドトゥ」でしたが、捨てる神あれば拾う神あり。ピッカピカの新品同然になるまでレストアを施した超人がいましたので、今日は皆さまにダイジェストで動画をご紹介してまいります!

 

うわっ…私のエア・ジョーダン、汚すぎ…?

いやー…… ドン引きするレベルでドロッドロのボロッボロですね。汚いっていうかなんかもう憑いてますよね、呪いとかもありそうで怖いくらいです。

 

普通の靴でさえこんなになることなんてないのに、ましてや13万円ものプレミア価格がつくエア・ジョーダンをこんなにするとか…… 果たしてこれはきれいにできるのでしょうか?

 

【洗浄編】まずはパーツをきれいに!

まずは洗浄液にぶち込んでいきいます。食器用洗剤を溶かした水を張ったバケツにいきなり靴をドボン!

 

うへぇ…… できるだけ触れたくもありませんが、嫌なことはちゃっちゃと終わらせてしまうのが吉。おおまかな汚れをブラシでざっくり落としていきます。ちなみにレザー部品は食器用洗剤を何度も使うと乾燥して割れてしまったりするので要注意です。

 

とりあえず洗い終わり、長年の使用で削れてしまったソールを取り換えます。ドナーとして使用するのは同じナイキのシューズです。

 

ぴったりですね!問題なさそうなのでこのソールを加工して、流用できるようにしていきます。

 

リューターで接着剤を除去していきます。これが残っている状態で別の接着剤を塗布すると、なかなかうまく接着できなかったりするので念入りに除去します。

 

とりあえず横の接着剤は削れましたね。中古購入した靴だったからか少し使用感がありますので、真ん中の接着剤を除去するのと併せて汚れも落としていきましょう。

 

汚れ落としに使う洗剤を調合していきます。濃度3%の過酸化水素水酸素系漂白剤のオキシクリーンをひとつまみ、小麦粉を少々加えて混ぜていきます。小麦粉には油汚れを吸収してくれる作用があるそうです。

 

泡立った歯磨き粉みたいな液体をブラシでとってソールを洗っていきます。

 

まるで新品のようにピッカピカになりましたね!これでソールの準備は完璧です!次はアッパーの補修をしていきましょう!

 

【補修編】ハゲ隠しは男の嗜みですから…

あまり大切に履いていなかったのか、あらゆる部分にハゲやシミがあります。レザーの色も褪せてしまっているので補修しなくてはいけませんね。

 

とりあえず、レザーの塗料を保護しているワニスをアセトン溶剤で落としていきます。この工程を飛ばしてしまうとコーティング剤の上からレザー用塗料を塗布することになってしまい、塗料が定着せず剥離しやすかったり本来の色味が出なかったりするそうです。

 

ここでフライイング気味に塗装補修されたもの(右)と未補修のもの(左)を比較紹介します。褪せてくたびれた印象だった表面がつやを取り戻し、滑らかになっているのが一目瞭然ですね。さて塗装補修の様子を見てみましょう。

 

まず赤い部分の塗装から始めていきます。特に変わったことはしていませんが、塗り残しを避けるためにわざと黒のレザーにはみ出す勢いで塗料を塗っていきます。黒の方が強いので、あとから上塗りしちゃえば多少はみ出ても問題ないのでしょう。

 

あとから黒い塗料を塗っていきます。やはりはみ出した赤い塗料をものともせずに塗りつぶしていっていますね。

 

塗装が終わったらタンの裏側の補修をしていきます。何度も着脱を繰り返したせいでタンの裏側がボロボロになってしまっていますね。

 

ヒール保護用のパッチを流用して穴をふさいでいきます。

 

穴がばっちりふさがりましたね!これでまたある程度は長持ちしそうです!これにて補修は完了、次はアッパーとソールを組み立てていきます!