【速報】「Asook Customs」の最新カスタムが奇抜すぎる!? まさかのジャイロを、まさかの形に…

ロシアペテルブルグに拠点を構える「Asook Customs」は、奇抜なコンセプトカスタムを生み出すことで一部から絶大な人気を誇るカスタムビルダーです。

 

なんと彼らが、本来カスタムベースとしてまったく注目されないあの「ジャイロ」をあろうことか…… うわあ、すげえ。

 

Asook #13 Honda Gyro Concept

いやはや、度肝を抜かれた気分です。まさかあのジャイロの二輪部分をフロントエンドに利用して、しかもその上から巨大なカウルをかぶせるなんて、常人には考えつかない発想ですね。

 

えげつない形をしてますね、果たしてこれで曲がれるのかどうか怪しいところですが…… 49cc2ストロークエンジンをフロントに持ってくるとか、イっちゃってますね。最高にクールです。

 

このスクーターが果たしてどんな軌道で曲がるのか、非常に気になります。それにしてもなんとも滑らかなカウルデザインですね、惚れ惚れしちゃう。

 

Asook Customsのカウルデザイン

ヌメッとしたデザインが得意なAsook Customs。その人気のゆえんでもあるカウルデザインをいくつかご紹介します。

 

「#15」はグリーンとオフホワイトのクラシカルなカラーコンビネーションをしたレトロチックなナローバイク。フェンダーのセンスがイカれてますね!

 

「#8」のカフェレーサーチックなカウルもなかなか独特ですね。フレームなのかリムをパイプにしているだけなのか……

 

「#16」はもう特徴がありすぎてどう説明したらよいのか…… でもこんなカウルデザインのBMWのコンセプトありましたよね!

 

「#10」はまるで高貴な馬のような風貌ですね、フロンドフェンダーリアスイングアームも前代未聞すぎて、まるでSFファンタジーに登場するバイクですね。

 

いかがだったでしょうか。なかなか見かけない独創的な世界感のカスタムでしたね、なんだか目の保養になった気がします!さすが伝説量産国家おそロシアといったところでしょうか……

 

参考-Asook Customs