カーボン製フレーム採用!BMW「Concept 9cento」はアドベンチャースポーツの未来形!

BMWモトラッドが「9cento」という名のコンセプトモデルを発表しました!

最近のBMWモトラッドは世界的に人気を博している「R nineT」シリーズの拡大からカーボンフレームを採用した「H4 RACE」まで、これまでのツアラー・イメージから脱却して、活躍の場を広げているわけですが、「9cento」とは、どんなモーターサイクルなのでしょうか?

 

「9cento」はスマートな未来を表現する!

コチラが、その「9cento」。イタリアはミラノ北部のコモ湖畔にて開催るクラシックカーをメインとしたコンクールである”コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ2018″にて世界初公開されました!

まずは目につくのは、近未来的なエクステリアなのですが……それはその通りでして、BMWモトラッドのリリースを引用しますと……

アドベンチャースポーツ・モデルの未来の形を見据えています。Concept 9cento(’nove cento’と発音する)は、冒険心と俊敏性、ライディングの楽しさを満たすパフォーマンスを持ち合わせた、理想的なツーリングバイクです。

とされています。ちなみに”cento”は100を意味するはずですから、900cc付近の排気量であることを示しています。つまり……「F850GS」または「F800R」辺りがベースとされている、あるいは少なくとも、そのツインエンジン搭載車であると考えられます。

 

さて、こうして前から見てみますと、LEDヘッドライトの装備とフロントからリアに流れるカウルなど、なかなかアグレッシブなスタイリングのロードスポーツ・モデルに仕上げられていますが、ハンドルバーは低過ぎず、またカウル形状には”Fシリーズ”の面影が残されており、確かにツアラー的要素も色濃く感じさせてくれます。

 

細部に移りますと……フロントフォークにはオーリンズ製倒立フォーク、ブレーキキャリパーにはブレンボ製品が奢られています。

ところが!リリースを読み込んで行きますと……フレームを覆っているフェアリングの下に隠されているフレームは、なんとカーボン製だというのです!リアのサブフレームはアルミ製とされています。

 

リアのデザイン処理はコンセプトモデルらしいところ。近未来感を演出しています。

 

パッセンジャーシートと一体化した革新的なパニアを用意。これまた、スポーツアドベンチャー・モデルの近未来を明示している部分です。なかなかにユニーク!

 

そしてエンジンですが、リリースには明記されていないものの、御覧のように、確かに「F850GS」のクランクケースカバーと同一(に見えます)。その下に見えるのはサイレンサー。

マスの集中化を考慮してのレイアウトでしょう。

 

「9cento」は未来のアドベンチャースポーツ・モデル!

いかがでしたでしょうか?イタリアはコモ湖畔で開催された”コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ2018″にて世界初公開された「Concept 9cento」をご紹介してみました。

アドベンチャースポーツ・モデルの未来を示す、なかなかに意欲的なコンセプトモデルだと感じます。皆さんは、どう思いましたか?

 

参考-BMWモトラッド(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。