fbpx
これはかっこいい!ハーレーのニューモデル「CVO Pro Street Breakout」が良作の予感

これはかっこいい!ハーレーのニューモデル「CVO Pro Street Breakout」が良作の予感

ハーレーダビッドソン・ジャパンは、スペシャルモデル”Sシリーズ”の第三弾として、Screamin’ Eagle TwinCam110エンジンを搭載したニューモデル「LOW RIDER S」及び、最先端のフィニッシュとテクスチャを採用し、ダークな外観が特徴のニューモデル「CVO Pro Street Breakout」の2車種を、2016年1月28日より同時に販売開始すると発表した。ここでは「CVO Pro Street Breakout」について紹介していこう。

 

最先端のフィニッシュとテクスチャを使用したダークな外観が特徴

これはかっこいい!ハーレーのニューモデル「CVO Pro Street Breakout」が良作の予感

これはかっこいい!ハーレーのニューモデル「CVO Pro Street Breakout」が良作の予感

これはかっこいい!ハーレーのニューモデル「CVO Pro Street Breakout」が良作の予感

「CVO Pro Street Breakout」はデザインとディテールを重視し、最先端のフィニッシュとテクスチャを使用したダークな外観が特徴だ。ドラッグレーシングを強く意識した作りとなっており、優れたパフォーマンスに加え、ストリートマシンの象徴ともいえる重厚な長い車体を組み合わせることで、従来にはなかった新しいスタイリングを目指したという。

 

外観、性能の両面から感じられるハーレーの新たな魅力

これはかっこいい!ハーレーのニューモデル「CVO Pro Street Breakout」が良作の予感

これはかっこいい!ハーレーのニューモデル「CVO Pro Street Breakout」が良作の予感

これはかっこいい!ハーレーのニューモデル「CVO Pro Street Breakout」が良作の予感

ドラッグレースにインスパイアされて設計されたという新型のシートとハンドルバー、風の影響を受けにくいスピードスクリーン、ブラックアウトされた上品なサイレンサー、一瞬で人目を奪うゴールドリーフを施したペイントはハーレーらしい威風堂々とした雰囲気を醸し出している。240mmのリアタイヤには、Aggressorホイールを採用。ヘビーブリーザーインテークを備えたScreamin’ Eagle TwinCam110 Bエンジンを搭載。倒立フォーク、新型のデュアルディスクフロントブレーキなどなど、装備の面からもそのハイパフォーマンス振りが伺える。

外観、性能の両面からハーレーが生み出した新たな価値観が感じられる良作と言えよう。所有欲を駆り立てられる、素直に欲しい一台だ!

 

CVO Pro Street Breakout SPEC

全長:2,330 mm

シート高:660 mm

最低地上高:120 mm

レイク(度):35

トレール:196 mm

ホイールベース:1,680 mm

タイヤ:F-130/60B19 61H、R-240/40R18 79V

フュエルタンク容量: 18.9L

オイルタンク容量:3.3L

車両重量:318kg

ラゲッジ積載容量:332kg

エンジン:エンジン型式 Screamin’ Eagle Twin Cam 110B 空冷45度Vツイン

ボア:101.6mm

ストローク:111.1mm

排気量:1,801cc

圧縮比: 9.2:1

燃料供給方:インジェクション(Electric Sequential Port Fuel Injection)

最大トルク:126Nm/3,498rpm

価格:339万円(税込)

 

参考 – Harley-Davidson Japan

Writer: 上中達也

Keyword

Pickup

注目の記事