斬新すぎるだろ!DUCATIベースのクレイジーなカスタム3選!

Ducatiはモータースポーツ界で人気の絶えないブランドメーカー。ただでさえクールなバイクが多いですが、カスタマイズして魅力を増した作品も少なくありません。そこで今回はDucatiのカスタムバイクを3つピックアップしました。Ducatiをベースにしたからこそ演出できるかっこよさを体感してみてくださいね。

 

DUCATI PANIGALE 899 NAKED PROJECT 2016

最初にご紹介するのは「DUCATI PANIGALE 899 NAKED PROJECT 2016」です。赤いボディが象徴的だったDUCATI PANIGALE 899を、オリジナルにカスタマイズしました。

 

最大のアレンジポイントは、フェアリングをなくしたこと。すべて黒いシンプルなパーツに統一させたことで、なめらかなボディラインを実現させました。

 

よりスタイリッシュに仕上がり、光沢とマットな風合いが絶妙にマッチしていますね。ゴールドのストライプもアクセントとなり、バイク全体のデザインを引き締めています。

 

大きなヘッドライトも特徴的で、暗闇では圧倒的な存在感を放ちます。DUCATI PANIGALE 899のハイスピードと美しいルックスを維持しつつ、より魅力を増したカスタムバイクですね。

 

Ducati Scrambler Project 2017

次にご紹介するのは「Ducati Scrambler Project 2017」です。 2015 Ducati Scramblerをカスタマイズしました。

乗り心地に徹底的にこだわり抜いたバイクで、小さなパーツまで細かい工夫がされています。

 

乗車時の快適性をアップさせるために、シートもクッション性のある素材に変更。街中の道路はもちろん、郊外の田舎道もストレスなく乗りこなせます。

 

どのようなシチュエーションでも大活躍すること間違いありません。

 

Ducati Scrambler Project 2017はビジュアルにもこだわりました。ガソリンタンクはアルミニウムで新しく作りなおし、ボディーラインをよりシャープに仕上げています。

 

シルバーの光沢も、見ているだけで惚れ惚れしてしまいますね。バイク内部も赤く塗装され、情熱的な印象を与えてくれます。

シンプルにカスタマイズされたバイクが好きなライダーには、ぴったりな作品ですよ。

 

Ducati Speedway Motorcycle By Wreckless

最後にご紹介するのはWreckless Customsによる「Ducati Speedway Motorcycle」です。細身で奇抜なデザインは、一度見たら目に焼きついてしまうほど。

 

数あるカスタムバイクのなかでもDucati Speedway Motorcycleほど、斬新なビジュアルをした作品は多くありません。

 

必要最低限のパーツのみをつかった洗練されたボディは、もはや芸術といえるでしょう。まるで自転車とバイクを融合させたかのような仕上がりです。

 

シートとボディーワークは手作りで、職人が自ら作成しました。小さなこだわりが凝縮されたカスタムバイクといえます。

 

ターコイズブルーのボディは、かっこよさと可愛らしさを兼ねそろえていますね。強烈なインパクトを放ちつつ、遊び心を感じられるカスタムバイクです。

 

今回は「イタリアの大人気メーカー「DUCATI」のカスタムバイク3選」をご紹介しました。どれもDUCATIの高いデザイン性と機能性を活かしつつ、さらに魅力的に仕上げています。パーツを手づくりしたバイクもあり、カスタムショップの強いこだわりが感じられますね。カスマムバイクは「DUCATI」以外にも種類はさまざまです。ぜひこの記事をきっかけに、他のカスタムバイクのぞいてみてくだいね。

 

参考-HICONSUMPTION